The Roots のラッパー Black Thought がLeon Michels 率いるアメリカのシネマティックソウル・グループ El Michel Affair とのコラボレーション・アルバム Glorious Game を4/24にリリースする。2021年の Danger Mouse とのコラボレーション・アルバム Cheat Codes に続くニュー・アルバムとなり、Leon のレーベルBig Crown からリリースされる。

Leon MichelsとEl Michels Affairが2005年に最初のアルバム Sounding Out The City をリリースしたとき、当時発表され、現在特許となっている「シネマティックソウル」サウンドが次にどうなるかを想像するのは難しいことだったた。その後、EMAのスタジオアルバム4枚、トリビュートやリミックスのプロジェクト多数、そして業界の大物アーティストたちのプロデュースを経て、Michelsは自分のサウンドをトレードマークにし、それぞれのプロジェクトで観客を新しい世界に導き、彼の知名度の境界を押し広げている。彼は湖ではなく川であり、今回はヒップホップの領域に彼の黄金のタッチを持ち込み、これまでマイクでライムを歌った中で最も偉大な人物の一人のために音楽のベッドを敷いている。ルーツ・クルーのBlack Thought。

Big Crown RecordsからリリースされるこのLPは、Glorious Gameと名付けられ、様々な意味で注目すべきデビュー作となった。Michelsは、Black Thoughtがこれまで聴いたことのないようなパーソナルで透明感のある詩を書くために、ソウルを基調としたボトムヘビーなプロダクションを提供している。MichelsとBlack Thoughtは、以前からお互いの周辺にいたことがある。二人が初めて出会ったのは2000年代、Thoughtがコンテンポラリーソウルシーンに馴染み始めた頃だった。2007年当時、Michelsが結成メンバーとして参加していたファンク&ソウル・グループMenahan Street Bandは、「あの世界の中では、たぶん僕が一番好きなバンドだった」と振り返る。トランペットのDave GuyとサックスのIan Hendrickson-Smithは、現在The Rootsのフルタイム奏者として活躍している。このつながりで、LeonとThoughtはニューヨークとフィラデルフィアで資金調達のためのイベントを一緒にやることになった。「そのうちに、Black Thoughtがスタジオにやってきて、ときどき僕らとジャムるようになったんだ」とMichelsは説明する。「それから早くて2020年、COVIDのロックダウンの時、彼は突然私に連絡をしてきて、作曲のための素材を送ってほしいと言ったんだ。お互い忙しくしていたんだ」。

Black Thoughtは、ヒップホップ界最高のライブバンドグループの共同設立者であり、MCを務めているということだ。Michelsはこのプロジェクトで、ライブ演奏を録音したトラックを送る代わりに、サンプラーを取り出し、彼自身と彼のコレクションからいくつかのレコードをサンプリングした。「私はソウルミュージックの大ファンなんだ」。Glorious Game のために、Michelsは自分のスタジオで完全に作曲・録音されたソウルソングを作り、自分自身をサンプリングし、その音を切り刻んだりループさせたりして、Black Thoughtのためにインストゥルメンタル曲を作っていた。いくつかのトラックでは、彼はより伝統的なヒップホップのアプローチを取り、他の人の音楽のサンプルから始めて、その上に生の楽器を加えた。しかし、ほとんどの場合、彼は自分の作曲した曲を新しいものに再解釈しているのだ。

その結果、ループベースのトラックが有機的な雰囲気を醸し出し、Black Thoughtが柔軟に対応できるような呼吸と揺らぎを与えている。Black Thoughtは、「僕が何を書くかは、プロデューサーのエネルギーと僕のエネルギーの方程式によって決まるんだ」と言う。「僕らがどこで出会うかが重要なんだ」。Michelsがサンプリングしたソウル・シネマティックスを武器に、Black Thoughtは個人的な思い出や独特の視点で韻を踏み、そのすべてがビジュアルに彩られている。

ファーストシングルの “Grateful “は、フルートが印象的なローエンドバンガーで、このアルバムがどのような作品になるかを予感させるものだ。Black Thoughtの詩は、ストリート教師と詩人、説明と経験の間を行き来するようなリズムで、先人たちに敬意を表しながら、それが自分をどのように成長させたかを語るという、我々が大好きなスタイルで重厚に展開される。タイトル曲の “Glorious Game “は、ゆったりとしたベースラインと弾むようなドラムトラックで、ブラックソートが名声と尊敬の試練についてダブルタイムライミングを披露しているが、同時に自分の才能とヒップホップにおける自分の確立した地位についても話している。”The Weather”では、フィリーで育った頃の様子を鮮明に描いている。この曲では、彼の祖母の家が目に浮かぶようであり、幽霊のようなバックヴォーカルをバックにテンポよく変化していく。

Black Thoughtは Glorious Game について、「私にとって、これらの曲は私の人生を映した映画のシーンのようなものだ」と語っている。「そうやって進化してきたんだ」。そして、彼の純粋なリリックのスキルが存分に発揮され、Michelsのカスタムメイドのアプローチでビートを作るこのレコードは、今日のヒップホップの雰囲気では少し珍しく、派手なゲスト出演や流行を追うようなことはしていない。「これはラップのレコードなんだ。彼はストーリーテラーであり、ストーリーを聴くことが重要なんだ。ヴァース・コーラス、ヴァース・コーラスというやり方じゃないんだ。彼が言わなければならないことを、彼が言わなければならない方法で聞くんだ」。

https://elmichelsaffair.bandcamp.com/album/glorious-game

“Greatful”

El Michels Affair & Black Thought – Glorious Game

Listen: Apple Music Spotify Bandcamp

Label: Big Crown

Release Date: 2023/4/14

Tracklist:

1. Grateful
2. Glorious Game (ft. KIRBY)
3. I’m Still Somehow
4. Hollow Way
5. Protocol (ft. Son Little)
6. The Weather
7. That Girl
8. I Would NEver
9. Alone
10. Miracle
11. Glorious Game (Reprise)
12. Alter Ego (ft. Brainstory)

Tagged