LAのシンガーソングライター Weyes Blood がニュー・アルバム And In The Darkness, Hearts Aglow を11/18にリリースする。2019年の前作 Titanic Rising から続く3部作の2作目にあたる作品となり、前作に引き続き Jonathan Rado が共同プロデュースを担当。また、Meg Duffy (Hand Habits)、Daniel Lopatin (Oneohtrix Point Never)、Mary Lattimore が制作に参加している。Sub Pop からリリースされる。

Titanic Rising は、特別な3部作のうちの1枚目のアルバムでした。それは、これから起こることの観察であり、差し迫った運命の感情でした。そして、And in the Darkness, Hearts Aglow は、次の段階に入ること、つまり、私たち全員が今日置かれている状況、文字通りその真っ只中にいることを表しています。不安定で取り返しのつかない変化の時代に、意味を求めて暗闇の中を歩き回る。かつて火があった場所に残り火を探す。アルゴリズムと繰り返されるループの運命からの自由を求める。情報は溢れかえっているが、その使い方や具体的な行動を引き起こす能力は非常に抽象的です。私たちのコミュニケーション・メディアは、注意欠陥に満ちている。私たちの痛みは、私たち自身が作り出した閉塞したパノプティコンから生まれた皮肉なジョークであり、無限に渦を巻いているのです。

これらの曲を書いている間、私は多くの質問を投げかけていた。そして、とてつもない孤独が私の中にずっとありました。”It’s Not Just Me, It’s Everybody”は仏教の賛歌で、すべての生き物の相互関連性と社会構造のほころびを表現しています。私たちの文化は、ますます人に頼らなくなっています。このことが、新たな、かつてないレベルの孤立を生んでいるのです。その空虚さから抜け出す方法を買うことができるという約束は、私たち全員が今抱えている恐怖、つまり時代遅れになることへの恐怖を前にしては、ほとんど慰めにはならないでしょう。この感覚は、個人差はあるにせよ、普遍的なものです。

テクノロジーは私たちの注意を奪い、互いに遠ざけています。私たちは皆、未解決の傷や痛みを抱えた過去の「Grapevine」を持っています。恋をしているということは、必ずしも一緒にいるということではありません。そうでなければ、なぜ多くのラブソングがつながりを切望するのでしょうか。

それはナルシシズムなのでしょうか?私たちはお互いに向上心を持つことを奨励しています。欲望を鎮めるために外部に手を伸ばし、健康や至福の目標が私たちのような時代に生きる基本的な不安を軽減してくれると考えているのです。その答えは自分の外側にあり、テクノロジーや想像上のフロンティアが、魔法のようにすべての問題を解決してくれると考えるのです。私たちは、自分自身以外のあらゆるところに救いを求めているのです。”God Turn Me into a Flower”の中で、私はナルキッソスの神話を紹介します。彼はプールに映る自分の姿に執着し、飢え死にし、夢中になったもの以外を認識できなくなります。傲慢な彼は、あれほど熱烈に望んでいたものが、結局は自分自身に過ぎないことに気づかなかったのです。神は彼を、宇宙とともに揺れ動くしなやかな花に変えてしまう。

花のようなしなやかさは、先の見えない運命に立ち向かう私の信条となりました。私は、この暗黒の時代に、心を指針として、希望の光を放っていると思うのです。私たちは、いつの間にか、自分たちが何者であるかということを見失ってしまった。カオスは自然なことです。しかし、ネゲントロピー、つまり物事が秩序に帰結する傾向もまた然りです。これらの曲はマニフェストや解決策ではないかもしれませんが、現代の幻滅の意味に光を当てているのは確かです。そしてそれは、生と死の自然のサイクルをもう一度理解するための、ニュアンスのある旅の始まりなのかもしれません。

Thoughts and Prayers,

Natalie Mering (aka Weyes Blood)

https://www.subpop.com/releases/weyes_blood/and_in_the_darkness_hearts_aglow

“It’s Not Just Me, It’s Everybody”

Weyes Blood – And In The Darkness, Hearts Aglow

Listen: Apple Music Spotify Bandcamp

Label: Sub Pop

Release Date: 2022/11/18

Tracklist:

1. It’s Not Just Me, It’s Everybody
2. Children of the Empire
3. Grapevine
4. God Turn Me Into a Flower
5. Hearts Aglow
6. And in the Darkness
7. Twin Flame
8. In Holy Flux
9. The Worst Is Done
10. A Given Thing

Tagged