The SmileとSons of Kemetのドラマー、Tom Skinner がソロ・デビュー・アルバム Voices of Bishara を10/28にリリースする。アルバムには、Kareem Days (チェロ)、Nubya Garcia (テナーサックス、フルート)、Tom Herbert (アコースティック・ベース) 、Shabaka Hutchings (テナーサックス、バスクラリネット) が参加。Brownswood / International Anthem / Nonesuch からリリースされる。

Tom Skinner 初のソロ名義でのリリースとなる本作のタイトルは、チェリスト Abdul Wadudの1978年の超レアなソロアルバム By Myself に由来しており、Skinner はロックダウン中に繰り返し聴いていたそうだ。Wadudのアルバムは彼自身のレーベルBisharraから個人的にプレスされたもので、Skinnerのタイトルはこの一般的なアラビア語の名前の綴りを使用しているが、どちらも同じ意図、意味を持っている。それは「良い知らせ」または「良い知らせをもたらす者」と訳されるものだ。

これは、Skinner が2017年にアメリカの作曲家でArthur RussellのコラボレーターPeter Zummoとのコラボレーション「Watermelon Sun」に後ろ向きにつながるクラシック・サウンドのレコードである。Makaya McCravenのビートメーカーにインスパイアされたジャズ・セッションのトリートメントと横につながり、Sons of Kemetの最も瞑想的な瞬間への音楽の橋渡しとなる。

Voices of Bishara はTom Skinnerがロンドンのブリリアント・コーナーズで行われたPlayed Twiceセッションにミュージシャンの友人たちを誘ったところから始まった。このレギュラーイベントは、クラシックアルバムをオーディオファイルシステムでフル再生し、それに対してエリートアンサンブルが即興で応えるというシンプルな形式をとっている。その夜、ドラマーTony Williamsの1964年のブルーノートアルバム Life Time に焦点を当て、彼と彼の友人たちが作り出した音楽は、Skinnerにアルバム1枚分の驚異的な新曲を書かせるほど特別なものだった。

Skinner は、チェロ奏者、ベース奏者、サックス奏者2人とともに、全員が同じ部屋にいる状態で、クラシックアルバムのスタイルで録音を行った。彼はその音楽を家に持ち帰り、Tomの他の多くの創造的なプロジェクトの合間に、時々出てきては注目されるようになった。そして、スタジオ録音を受け入れ、その崇高な特質を際立たせながら、徐々に新しいアルバムが現れ始めた。

「私はハサミを自由に使って、楽器間の編集を徹底的にやり始めむした。そうすると、音楽に新しい命が吹き込まれるんです。私は、Theo Parrishのような、曲を切り刻んだり、セクションをループさせたりする偉大なディスコの再編集からヒントを得ていたのです。私は純粋主義者ではありません。過去にとらわれたくないのです。音楽をいじくりまわして、何が起こるか見るのは、本当に力になった。それが正しいことだと感じたのです」。

その結果、タイトで催眠的、そしてユニークな31分間の音楽が完成した。Voices of Bishara は、時代を超えた深く感情的な音楽で構成され、大量の動きと卓越したハーモニーの深さと質感を備えている。チェロとベースが織り成す深いハーモニーに支えられ、豊かな音楽性で音世界を席巻し、舞い上がります。もちろん、Skinnerのパーカッシブなマジックも含まれています。Grace JonesからJonny Greenwoodまでのアーティストが、彼らのレコードやツアーに彼をリクエストするほどのドラミング・スキルである。

「私たちは個々の声であり、集合的に集まっていまふ。このアイデアは、私たちが集合することで、よりポジティブな何かをもたらすことができるというものでした。何かの始まりなのです」

Tom SkinnerとVoices of Bishara は良い報せをもたらす。

https://intlanthem.bandcamp.com/album/voices-of-bishara

“Bishara”

Tom Skinner – Voices of Bishara

Listen: Apple Music Spotify Bandcamp

Label: Brownswood/International Anthem/Nonesuch

Release Date: 2022/10/28

Tracklist:

1. Bishara
2. Red 2
3. The Journey
4. The Day After Tomorrow
5. Voices (of the Past)
6. Quiet as it’s Kept

Tagged