ベイエリアのノイズ・ポップ・バンド、Kids on a Crime Spreeが1stフルレングス・アルバム Fall In Love Not In Line を1/21にリリース。

Kids on a Crime Spree – Fall In Love Not In Line

60年代のブリル・ビルディング・ポップやウォール・オブ・サウンド、70’sパワーポップ、Jesus & Mary Chainなどからの影響を感じさせるベイエリアのノイズ・ポップ・バンド、Kids on a Crime Spreeが1stフルレングス・アルバム Fall In Love Not In Line を1/21にリリースする。2011年のEP We Love You So Bad に続く作品となり、Slumberlandからリリースされる。

みんな、朗報だ。Kids On A Crime Spreeがこの冬にSlumberlandから新譜をリリースすることが決定した。ベイエリアのインディーバンドがSlumberlandからリリースした儚いデビューEP We Love You So Bad 以来、10年以上の歳月が流れている。それ以来、Kids On A Crime Spreeはソリッドなノイズ・ポップ・シングルを数枚リリースしている–2013年には Creep The Creeps、2016年と2017年にはそれぞれBurnt PalmsとTerry Maltsとの7インチ・スプリットを2枚リリースしている。いずれも短く、パンチの効いた、ポイントを押さえたリリースだ。

しかし、新譜では、Kidsは彼らの熱心なファンが常に望んでいたものを与えてくれた…..。Fall In Love Not In Line は、彼らにとって初の10曲入りフルレングス・アルバムだ。45rpmでカットされたこのアルバムは、25分という短い時間で、ノイズ・ポップの高揚感のある、あらゆる点で堅実な作品となっている。シンガーソングライターのマリオ・ヘルナンデス、ドラマーのベッキー・バロン、ギタリストのビル・エヴァンスは、カリフォルニア州オークランドにあるマリオのアナログホームスタジオで Fall In Love Not In Line の作曲とレコーディングを行った。そのセッションから生まれたDIYの魅力は、針を落とした瞬間に感じられる。

曲作りには、Henry’s Dressのフィードバック音で濾過された緻密なブリルビルディングのインスピレーションや、The Aislers Setの完璧なポップを思わせる快活さが残っているが、彼らの影響を巧みに超越してKids独自の領域に入っている。これは、マリオが「レコーディング方法と歌詞の内容の両方において、我々のアイドルを超えるという意識的な決定」と呼ぶ動きである。”When Can I See You Again? “では、マリオは’When can I see you again / When can I see you before our world ends / When can I see you again’と、今の時代にぴったりのラブソングを歌い、曲のメロディーは静かにフェードインしていく。

キッズの長年のファンにとっては、おなじみの激しいドラムビート、弾むようなベースライン、控えめなギターライン、そしてマリオのはっきりとしたメロディックなボーカルを見つけることができるだろう。しかし、前作よりもさらに温かみが増し、テンポやメロディが変化し、長年一緒に演奏し、お互いの声に耳を傾けてきたからこそ生まれる意思の統一が見られる。その結果、シンプルでゴージャスな作品に仕上がった。

https://slumberlandrecs.bandcamp.com/album/fall-in-love-not-in-line

“All Things Fade”

When Can I See You Again”

Kids on a Crime Spree – Fall In Love Not In Line

Listen: Apple Music Spotify Bandcamp

Label: Slumberland

Release Date: 2022/1/21

Tracklist:

  1. Karl Kardel Building
  2. When Can I See You Again?
  3. NOYC
  4. Vital Points
  5. All Things Fade
  6. Good Get Got
  7. Boom Doom
  8. Overtaken by the Soil
  9. Steve, Why Are You Such a Liar?
  10. We’re so Good