カナダのポストパンク・バンド、N0V3Lが1stフルレングス・アルバム”NON-FICTION”を5/28にリリース。

カナダ・バンクーバー発のポストパンク・バンド、N0V3L が 1stフルレングス・アルバム NON- FICTION を5/28にリリースする。Bryce Cloghesy (Military Genius, Crack Cloud) がプロデュースとミックスを担当し、Meat Machine Records からのリリースとなる。

N0V3Lのデビュー・フルレングス NON-FICTION は、現代の存在が経験する倒錯についての論として機能する11曲で構成されている。この作品は、オピオイド過剰摂取の危機、精神疾患、ポピュリズム、そして無慈悲な時の流れによって攻撃され、歪められた、俊敏で慎重に構成されたポストパンク、ニューウェーブ、ファンク、ガレージロックのコレクションである。親密な悲しみや構造的な暴力は、シャープなギター、威勢のいいベース、刺激的なサックス、哀愁漂うキーボードのギザギザした動きに紛れ、すべてが軽快なドラミングによって前へ前へと進んでいく。暗くて時折ダンサブルで、混乱の中にある不気味な後期資本主義のディスコのようだ。NON-FICTION は2017年から2020年にかけて作曲され、荒れ果てたバンドの賃貸住宅でTascam-388を使って録音された。Bryce Cloghesy (Military Genius, Crack Cloud) がプロデュースとミックスを担当したこのレコードは、最初のEPの武骨な硬さと引き換えに、バンドの緊張感を現実化するためのより幅広いアプローチを行っている。バンクーバーのティアダウンは、音楽、ビデオ、衣類などを制作するためのバンドの本部だったが、バンクーバーの無慈悲な住宅市場の犠牲者の一つである、ある避けられない事態に先立ってメンバーが引っ越しをしたため、徐々に退去していった。かつて一箇所に集中していたN0V3Lは、今では西部のブリティッシュ・コロンビア州に離散している。NON-FICTION はまさにその通りで、私たちの生活状況を解釈し、時には話し、時には歌う反資本主義の連作に変換する事実に基づくコミュニケーションだ。冒頭の “UNTOUCHABLE “は、蛍光色のベースとシンセの霧の中でハミングした後、タイトに絡み合うギターラインが緊張感を高め、ヴォーカルのJon Varleyは精神疾患が社会から疎外されていることを記録する。”FALLING IN LINE “では、陽光のようなギターが揺れ動き、麻酔のようなサックスがバックで鳴り響く中、ハーフタイムに切り替わる。”Busy falling in line/Stuck waiting behind/Pacifying the mind/with another white lie” とVarleyは呻く。 “PUSHERS “は、オピオイド過剰摂取の危機を作り出している大手製薬会社に対して、残忍なまでに叩きつけるようなメッセージを発している。バンクーバーのダウンタウン・イーストサイドで働いていたときにアヘン中毒になった経験を持つVarleyは、哀悼の意を表しながら、不安げなギターの上にフレネティックなシンセサイザーを脈打たせる。彼らは損失よりも命を選択する。最後のトラック”NOTICE OF FORECLOSURE”は、現代性への苦くて懐かしい服従であり、永遠に過ぎ去った過去への悲しみと、Varleyが「強制的な適応、差し押さえの通知が、私たちを前進させ、無関心な未来へと引きずっていく」と語るように、先に待ち受けるものへの両義的な思いが込められている。NON-FICTIONというタイトルは、これ以上ないほど明確な意思表示である。これはN0V3Lの実話である。

https://n0v3l.bandcamp.com/album/non-fiction

“NOTICE OF FORECLOSURE”

“GROUP DISEASE”

N0V3L NON-FICTION

Label: Meat Machine Records

Release Date: 2021/5/28

Tracklist:

01 – UNTOUCHABLE
02 – GROUP DISEASE
03 – EN MASSE
04 – FALLING IN LINE
05 – APATH
06 – INTEREST FREE
07 – STRANGER
08 – VIOLENT & PARANOID
09 – PUSHERS
10 – STATUS
11 – NOTICE OF FORECLOSURE