ブルックリンのドリーミー×サイケデリック・ロックバンド、Crumb が4/30にニュー・アルバム”Ice Melt” をリリース。

ブルックリンの4人組ドリーミー・サイケデリック・ロックバンド、Crumb が4/30にニュー・アルバム Ice Melt をリリースする。2019年のデビュー・アルバム Jinx から約2年振りとなる2ndアルバムで FoxygenJonathan Rado がプロデュースを担当。

Crumbのセカンドアルバム Ice Melt は、近所の金物屋で9.99ドルで買える粗い塩のブレンドからその名を取っている。冬の足元に振りかけると、この混合塩は水分を吸収して熱を発し、氷を粘性のある塩辛いスラッシュに変え、最終的には何もなくなる。”Up & Down”のダイナミックなカオスから始まり、子守唄に最も近い”Ice Melt”で終わる10曲は、氷の彫刻が溶けて輝く水たまりになるように組み合わされている。

フロントウーマンの Lila Ramani の初期の曲作りは、グループの最初の2枚のEPのきっかけとなった。Bri Aronow の、影響力のあるサウンドスケープを構築する才能、Crumb の主力である Jonathan Gilad のドラムの催眠術のようなグラウンディング、そしてJesse Brotterの独特のベース演奏は、Ramaniのボーカルのメロディーを微妙になぞりながら、絶え間ないパルスを提供してきた。これらのスキルを結集することで、Crumb は独立した自己発見のプロジェクトとなっている。4人のクリエイティブな精神が、常に変化し、改革されていくアイデアの周りに集結しているのだ。

ロサンゼルスでプロデューサーの Jonathan Rado と合流した Crumb は、これまでにない雰囲気作りに取り組み、頭がくらくらするような、超現実的な、エネルギッシュで陶酔的な、実験的な曲を作り上げた。Lamani は、このアルバムを「地球への回帰」と表現し、「この惑星に住む本物の物質や存在」について深く考察している。また、このアルバムは、道を歩いてきたミュージシャンが、5年前には予想もしなかった領域に踏み込んで、真新しいサウンドやテーマのコンセプトを探求したものでもあるのだ。

https://www.roughtrade.com/gb/crumb/ice-melt

“Trophy”

“BNR”

Crumb – Ice Melt

Label: Crumb Records

Release Date: 2021/4/30

Tracklist:

01 Up & Down
02 BNR
03 Seeds
04 L.A.
05 Gone
06 Retreat!
07 Trophy
08 Balloon
09 Tunnel (all that you had)
10 Ice Melt