Dinosaur Jr. がKurt Vile をプロデューサーに迎えたニュー・アルバム”Sweep It Into Space”を4/23にリリース。

Dinosaur Jr. が4/23にニュー・アルバム Sweep It Into Space をリリースする。2016年の前作 Give a Glimpse of What Yer Not 以来、約5年振りとなるニュー・アルバムで、プロデュースはKurt Vile が担当。前作に引き続き、Jagjaguwar からのリリースとなる。

Dinosaur Jr.が、4月23日にJagjaguwarからリリースされるニュー・アルバム Sweep It Into Space とニュー・シングル “I Ran Away “で帰ってきた。Sweep It Into Space は、2016年の Give a Glimpse of What Yer Not 以来のニュー・アルバムで、おそらくこれまでの他のどのバンドよりも偉大な “第二幕 “を彼らは継続している。当初、2020年半ばに予定されていたこのレコードの制作過程は、ペストの到来によって妨げられてしまった。しかし、このトリオの絶妙な怒りを抑えるには、単なるペスト以上のものが必要になるだろう。そして、 Sweep It Into Space は、ゾンデッド・ダイヤリングの傑作である。

Dinosaur Jr.の基礎となった3枚のオリジナルアルバムをリリースしてから数十年の間で、かつてはほとんど飼いならされたノイズと称されていた彼らのサウンドがある種の完全に機能したポップ・ミュージックであることが明らかになってきた。彼らの活動の中心には常にメロディがあった。Dinosaur Jr.が生み出すのは、リフ、パワー、ビート、そして永遠の未来を見据えて作られた、ロックの連続体の美しい新バージョン以外の何物でもない。

アマーストのBiquiteenでいつものように録音された Sweep It Into Space のセッションは、2019年の晩秋、西海岸/サウスイーストツアーに続いて始まった。今回エクストラ・ミュージシャンとして使用されたのは、アルバムの共同プロデュースを担当し、アップビートな “I Ran Away”で12弦をリードで演奏したKurt Vileのみ。 J Mascisの歌声が急上昇するギターラインに乗せてキャッチーに聴こえてくる。

‥‥

https://jagjaguwar.com/dinosaur-jr-announce-sweep-into-spaceout-april-23rd/

収録曲’Take It Back’が公開 (4/22)

収録曲”Garden”が公開 (3/31)
収録曲”I Ran Away” が公開 (2/24)

Dinosaur Jr. – Sweep It Into Space

Label: Jagujagwar

Release Date: 2021/4/30

TRACKLIST:
01 “I Ain’t”
02 “I Met The Stones”
03 “To Be Waiting”
04 “I Ran Away”
05 “Garden”
06 “Hide Another Round”
07 “And Me”
08 “I Expect It Always”
09 “Take It Back”
10 “N Say”
11 “Walking To You”
12 “You Wonder”

Dinosaur Jr. がKurt Vile をプロデューサーに迎えたニュー・アルバム”Sweep It Into Space”を4/23にリリース。」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中