ダブリンのプロデューサー / シンガーソングライターのDavid Balfeによるソロプロジェクト、For Those I Loveのセルフタイトルのデビュー・アルバムが3/26にリリース。

20000000105086

ダブリンのプロデューサー / シンガーソングライターのDavid Balfeによるソロプロジェクト、For Those I Love (フォー・ゾーズ・アイ・ラブ)がセルフタイトルのデビュー・アルバムを3/26にSeptember Recordingsからリリースする。

今回のセルフタイトルのアルバムは、2018年に他界した彼の親友であり、元バンドメイトでもあるPaul Curran (ポール・カラン) へのオマージュを込めたもの。ポールの悲劇的な死を受けて、Balfeは数ヶ月間自宅のスタジオに閉じこもり、76曲以上をレコーディングし、最終的には悲しみとカタルシスをテーマにした9トラックに凝縮したという。以下はRough Tradeによるアルバムの紹介文。

悲しみの深刻さは、しばしば芸術の中で最もはっきりと表現される。芸術の目的は、人間の感情を描写し、他者に理解してもらい、共感してもらうことに他ならないのだろうか。心を打つニューアルバム For Those I Love では、David Balfeが愛、喪失、混乱、ノスタルジア、痛みを至極個人的に描写している。それぞれの野蛮な感情が、目に見える形でリアルに表現されているのだ。Balfeは、オルタナティブなヒップホップやクラブミュージックの様々な形態からヒントを得たアーバンなエレクトロニカの上にスポークン・ワードを乗せる音楽を作っている。彼の重厚なアクセントの効いた語り口と、ダブリンで親しまれているカデンツ(抑揚)を多用することで、このアルバムはダブリンを舞台にした偉大な現代作品の中でも高い評価を得ている。友情への頌歌として始まったプロジェクトは、悲劇的な雲の下で改編された。Balfeはパンクバンド、Burnt Outのメンバーだった頃、ソロプロジェクトとして For Those I Love を構想していた。その目的は、固く結ばれた友情、つまり、若い男性のグループの間に存在する、言葉にされないことの多い関係性の美しさを捉えることだった。特に、親友であり、Burnt Outのバンドメイトでもある詩人Paul Curranとの繋がりを描きたかったのだ。悲劇的なことに、Curranは2018年初頭に亡くなった。彼の悲しみの中で、Balfeは2人の間に存在していた愛と絆を注入したアルバムを制作したのだ。

https://www.roughtrade.com/gb/for-those-i-love/for-those-i-love?ffm=FFM_c38c592edb78b2b194549ec70d8a5798

アルバム・リリースのアナウンンスに併せて、昨年リリースされた“I Have a Love”“Top Scheme”に続くアルバムからの3曲目のシングル、“Birthday / The Pain”のMVが公開されている。

For Those I Love – For Those I Love

20000000105086

Track List

  1. I Have A Love
  2. You Stayed / To Live
  3. To Have You
  4. Top Scheme
  5. The Myth / I Don’t
  6. The Shape Of You
  7. Birthday / The Pain
  8. You Live / No One Like You
  9. Leave Me Not Love

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中