NYのシンガーソングライター、Cassandra Jenkinsが2/19にニュー・アルバム”An Overview on Phenomenal Nature”をリリース。

NYのシンガーソングライター、Cassandra Jenkins (カサンドラ・ジェンキンス)が2/19にニュー・アルバム An Overview on Phenomenal Nature をリリースする。プロデュースとエンジニアリングはJosh Kaufmanが担当。NYブルックリンのレーベル、Ba Da Bing!からのリリースとなり、2017年の前作 Play Till You Win から約4年振りのリリースとなる。

「何かが本当に消えることはありません。形が変わるだけなのです」とCassandra Jenkinsは言う。過去数年の間に、彼女は人間関係が変化するのを目の当たりにし、三大陸を旅し、美術館や公園をさまよい、ニューヨークの名所を自由にガイド付きで巡るツアーを録音してきた。彼女のは、周囲の人間性や自然、思考パターン、記憶、痛みや喪失感に対処しながら現在に存在しようとする試みなどを観察し捉えてきた。Jenkinsは独特の声で、これらのアイデアを新しいアルバムのアンビエント・フォークに注ぎ込んでいる。

An Overview on Phenomenal Nature では、流動性、ディテール、そして親密さの瞬間が大切にされている。JenkinsはエンジニアのJosh Kaufmanのスタジオにアイデアを持って到着し、彼らは1週間でアルバムを完成させた。Jenkinsの声は、官能的なチェンバーポップのアレンジと生々しいドラムの中に浮かんでおり、友人や見知らぬ人の印象的な肖像画の中に私たちを導いていく。彼女の歌詞は、地元の漁師、誕生日パーティーの超能力者、スピリチュアルな傾向のある運転教官などの登場人物を紹介しながら、不思議な世界を展開していく。

https://grapefruitrecordclub.com/products/jenkins-cassandra-an-overview-on-phenomenal-nature-cd-pre-order
最新シングル“Crosshairs”のMVが公開。(2/10)

Cassandra Jenkins – “An Overview on Phenomenal Nature”

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: a0129750740_16.jpg

Tracklist:
1.Michelangelo
2.New Bikini
3.Hard Drive
4.Crosshairs
5.Ambiguous Norway
6.Hailey
7.The Ramble

Cassandra Jenkins– vocals, guitar
Josh Kaufman– guitar, voyager, harmonium, banjo, synth, bass, piano, organ
~and~
JT Bates– drums, auxiliary percussion
Eric Biondo– drums
Michael Coleman– synth
Stuart Bogie–  flutes, saxophone
Oliver Hill– violin, viola, string arrangement  
Annie Nero– bass
Aaron Roche– synth
Ben Seretan– drone
Will Stratton– guitar

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。