Jenn Wasnerによるプロジェクト、Flock of Dimes がニュー・アルバム”Head of Roses”を4/2にリリース。

収録曲”Price of Blue”が公開 (2/26)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2d86dd88-364f-4d1d-915b-054207993a47-58680-00001778f081f318_file.jpg

Wye Oakの創設メンバーであるボルチモア出身のミュージシャン、 Jenn Wasnerによるプロジェクト、Flock of Dimes がニュー・アルバム Head of Roses を4/2にSub Popからリリースする。アルバムのプロデュースはSylvan EssoのNick Sanbornが担当し、JennのバンドメイトであるWye OakのAndy StackMeg Duffy (Hand Habits)Matt McCaughan (Bon Iver, Lambchop)、Adam Schatz (Landlady)らが参加。前作 If You See Me, Say Yes 以来約5年振りの2枚目のアルバムとなる。

2作目となるフルレングスアルバム Head of Roses では、Jenn Wasnerは、直感と内臓を駆使したソングライティングのスピリチュアルな体験から導かれるように、未知の世界への直観と癒しの糸を辿っていく。

その結果として、傷つきやすさ、正直さ、開放感を新たなレベルに引き上げるWasnerの能力と、ソングライター、プロデューサー、マルチインストゥルメンタリスト、そして多作のコラボレーターとしての10年以上のキャリアから得られる自信が融合したものとなった。

簡単に言えば、 Head of Roses は失恋についてのレコードで、二元論的な視点から見たものだ。自分の心が傷つき、同時に誰かの心も傷つくという経験についてのレコードである。しかし、それ以上に、自分自身の痛みの経験と、誰かの大きな痛みの原因にならずに人生を歩むことは不可能だという理解を両立させなければならないということを示している。

「私にとっての旅の一部は、たとえ私が他の誰かの行動や行動によって大きな痛みを感じていても、自分のものである部分について責任を持つことを学んできました。もし私が自分がしてきたことや選択してきたこと、過ちを許してもらえることを期待しているのであれば、他人が自分に与えた痛みを許すために必要な作業もしないのは、信じられないほど臆病で偽善的なことなのです」

https://www.subpop.com/releases/flock_of_dimes/head_of_roses

アルバムからはこれまでに収録曲“Two”のMVが公開されている。

Flock of Dimes – “Head of Roses”

Tracklist:
1. 2 Heads
2. Price of Blue
3. Two
4. Hard Way
5. Walking
6. Lightning
7. One More Hour
8. No Question
9. Awake for the Sunrise
10. Head of Roses

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中