フィラデルフィアのロック・バンド、Spirit of the Beehive がニュー・アルバム”Entertainment, Death”を4/9にリリース。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 90fc33c5-fce0-4e44-948e-abdee60bd8de-42744-000015d4a406e1fd_file.jpg

フィラデルフィアのロックバンド、SPIRIT OF THE BEEHIVE がニュー・アルバム ENTERTAINMENT, DEATH を4/9にSaddle Creekからリリースする。SPIRIT OF THE BEEHIVEは、現在結成メンバーのギタリスト/ヴォーカルのZack Schwartzとベース/ヴォーカルのRivka Ravedeにマルチ・インストゥルメンタリストのCorey Wichlinが加わったスリーピースとなっている。今回のニュー・アルバムは、バンドが初めて完全なセルフ・レコーディングとプロデュースを行ったアルバム。

2014年にセルフタイトルのデビュー作をリリースして以来、彼らは「あなたの好きなバンドの好きなバンド」という評価を得てきた。彼らの音楽は没入感と対立の音楽であり、リスナーが立ち止まって 「どうやってやっているんだろう?」と疑問を抱くようなものだ。そして年を重ねるごとに、その困惑感がSPIRIT OF THE BEEHIVEを静かに、しかし着実に上昇させる余地を与えてきた。

ENTERTAINMENT, DEATH は単一の統一されたテーマでまとまっているわけではない。バンドは至る所で昔の有名なコマーシャルをサンプリングしている。Schwartzはソングライティングのプロセスを「意識の流れ」と表現しているが、Ravedeはヴォーカル・パートを書く際に特定の意図を持って書くことはないと断言している。「私が曲を書くときは、たいてい曲が完成するまで物語は生まれません。それでもリスナーが言葉をどう解釈するかにかかっているのです」と彼女は振り返る。SPIRIT OF THE BEEHIVEの歌詞がどれだけ夢のようなものであっても、ENTERTAINMENT, DEATH では現実が常に頭をよぎる。

https://saddle-creek.com/collections/new-releases/products/entertainment-death

“THE SERVER IS IMMERSED”

“THERE’S NOTHING YOU CAN’T DO”

SPIRIT OF THE BEEHIVE – “ENTERTAINMENT, DEATH

Label: Saddle Creek

Release Date: 2021/4/9

Tracklist:
01 Entertainment
02 There’s Nothing You Can’t Do
03 Wrong Circle
04 Bad Son
05 Give Up Your Live
06 Rapid & Complete Recovery
07 The Server is Immersed
08 It Might Take Some Time
09 Wake Up (In Rotation)
10 I Suck the Devil’s Cock
11 Death

1件のコメント

コメントは受け付けていません。