LAを拠点とするシンガーソングライター、Lael Neale がニュー・アルバム Star Eaters Delight を4/21にリリースする。2021年の前作 Acquainted With Night に続く3rdアルバだとなり、プロデューサーのGuy Blakesleeとのコラボレーションで制作された全8曲を収録。Sub Popからリリースされる。

Lael Nealeは今でもフリップフォンを持っており、彼女の新譜 Star Eaters Delight の制作にスクリーンは使われていない。

このアルバムはSub Popからの2枚目のアルバムで、プロデューサー兼伴奏者のGuy Blakesleeとの音のコラボレーションが拡大していることが明らかになった。

2020年4月、個人的にも世界的にも変貌を遂げたLaelは、ロサンゼルスからバージニア州の田舎にある家族の農場に戻ってきた。世界を遠くから眺め、自身のリズムと調和しながら、彼女は混沌から秩序を生み出す必要性に駆られ、夢のような2年間、着実に作曲とレコーディングを行った。孤独の中で鍛えられた Star Eaters Delight は、文明に戻るためだけでなく、祝祭のための手段でもある。

彼女は「Acquainted with Night(2019年録音、2021年リリース)は、私を取り巻く騒々しく明るいロサンゼルスの中で、内側に集中するものでした」と語っている。「それは、内側に広々とした空間と静かなレヴェリーを作り出そうとする試みでした。農場に戻ったとき、途切れることのない静寂が、音でそれを壊さざるを得ないことに気づきました。このアルバムは、より外的なものです。世界に向かって手を伸ばし、つながっていると感じ、目を覚まし、再び一緒になることを望んでいるのです」

アルバムのオープニングを飾るリード・シングル “I Am The River”は、明らかに現代音楽の家系図であるヴェルヴェッツの流れを汲むミニマルな超越的ポップのダイナミックな爆発で、氷を溶かしている。

「Laelはいつも私にもっと少ない音符で演奏するように言っています」とBlakesleeは言う。その余裕のある、しかし映画的なアレンジは、Laelの澄んだ無感動の声が予想外の方法でおなじみのテーマを探求できるアンビエントな空間を作り出す。シェイクスピア、エマソン、聖書(彼女は読んでいない)など、微妙だが強力な引用が、深く個人的な考察や辛辣なユーモアとともに渦巻いており、常にシニカルというよりは楽観的である。

「私が原型的な言葉を使うのが好きなのは、人々を興奮させたいからです。反応を引き起こしたいのです。原型的な言葉は、普通の言葉よりも重みとパンチがある。ジョーよりもジーザスの方が私たちには意味があります」と彼女は指摘する。

アルバムの中心となる “In Verona”は、ゴスペル・ディルジュで、ニュースキャスターであるナレーターが催眠術のように呪文を唱えて、分裂と偽善に悩まされる社会を嘆き、モンタギューとキャピュレットを名前も出さずに再構築して、リスナーに「cast no stone」と警告している作品です。

「ここ数年、私の人生で目撃したことのないような泥仕合や指弾を目にすることが多くあります。自分がその争いに巻き込まれたとき、このフレーズは、より高い位置とより広い視野を求めるためのマントラになったのです」と彼女は続ける。

“Faster Than The Medicine”は、Nealdの特徴であるオムニコードに組み込まれたドラムマシンによって熱狂的に推進され、霧のかかったイギリスの田園地帯を駆け抜ける。一方、ほろ苦い “Must Be Tears”はメロトロン弦が脈打つ、ニコを思わせる曲だ。

このアルバムは、田舎と都会、人類とテクノロジー、孤独と人間関係といった両極端のテーマを扱っているが、その深い意図は癒しであり、私たちの違いに折り合いをつけ、壊れたピースを再び組み立てることである。Laelが超越論者と親和性があるのは、自分の心の主権を持ち続けたいという探求心と関係がある。デバイスが常に情報、意見、プロパガンダで溢れている時代、Laelは何を取り入れるかを意図的に決めているのだ。

彼女がミニマリストであるのは、「モノが嫌いだからではなく、自由をより大切にしたいから」だそうだ。

https://laelneale.bandcamp.com/album/star-eaters-delight

“In Verona”

“I Am The River”

Lael Neale – Star Eaters Delight

Listen: Apple Music Spotify Bandcamp

Label: Sub Pop

Release Date: 2023/4/21

Tracklist:

  1. I Am The River
  2. If I Had No Wings
  3. Faster Than The Medicine
  4. In Verona
  5. Must Be Tears
  6. No Holds Barred
  7. Return To Me Now
  8. Lead Me Blind
Tagged