Jamie Stewartを中心とするLA拠点のエクスペリメンタル・ロック・バンド、Xiu Xiuがニュー・アルバム Ignore Grief を3/3にリリースする。2021年の前作 Oh No に続く13thアルバムとなり、メンバーのAngela Seoに旧友のDavid Kendrick (Sparks、Devo、Gleaming Spires)を加えたトリオで制作された全10曲を収録。Polyvinylからリリースされる。

これは半分ずつのレコードだ。

Angela Seoはレコードの半分で歌い、Jamie Stewartが半分を歌っている。

半分の曲は実験的なインダストリアルで、半分は実験的なモダン・クラシックの曲。

半分は現実。半分は想像の世界。

現実の曲は、バンドが関わる5人の人々に提供された最悪の人生を、これらの驚くほど恐ろしい経験の中で彼らの心と記憶をすり減らし、残酷にする以外に何か、何かをするために、ある種の必死の形に変えようと試みている。

この想像上の曲は、初期のロックンロール“Teen Tragedy”というジャンルを拡張し、抽象的に探求したもので、この5人に起こったことを知り、共に生きる中でバンド自身の圧倒的な感情を除染するためのジャンプポイントになってい流。

このレコードのどれもが、そしてしばしば繰り返される主張にもかかわらず、Xiu Xiuが決してしなかったことは、リスナーに表面的なショックを与えようとすることである。その代わりに、Xiu Xiuは20年間、いかにしてホラーを処理し、共感し、逆らい、再編成するかということに取り組んできた。

母親に売春を売られた子供、誘拐され殺された中学生、家族よりもアルコールやコカインをひたすら選び、カルト的な精神性の最も暗い部分に迷い込み、暴力的なセックスワークの人生から逃れ、抗議する手段として自殺する、といった内容の”Ignore Grief”を書いた動機は、Xiu Xiuのメンバー自身が深いショックを受けているからである。

旧友で新メンバーのDavid Kendrick (Sparks、Devo、Gleaming Spires)は、Angela SeoとJamie Stewartと共に、これが何であれ、何を意味し、なぜ起きたのかを探る。美学的な検証のポイントは、反対側に出る方法があるのか、あるいは理由があるのかどうかを確認することです。しかし、目を背けることは、さらなる破壊行為となる。

「私は今、自分に対するすべての自信を失い、すべての人間を計り知れないほど疑い、この世のものに対するすべての希望、すべての喜び、すべての共感を、永遠に捨ててしまったのです。これが、私の人生の中で、本当に決定的な出来事だった。私は眉間の額を割られたのである。その傷は、人間と接触するたびに痛みでズキズキすることになった」- 太宰治

https://www.polyvinylrecords.com/product/ignore_grief

“Maybae Baeby”

Xiu Xiu – Ignore Grief

Listen: Apple Music Spotify Bandcamp

Label: Polyvinyl

Release Date: 2023/3/3

Tracklist:

1. The Real Chaos Cha Cha Cha
2. 666 Photos of Nothing
3. Esquerita, Little Richard
4. Maybae Baeby
5. Tarsier, Tarsier, Tarsier, Tarsier
6. Pahrump
7. Border Factory
8. Dracula Parrot, Moon Moth
9. Brothel Creeper
10. For M

Tagged