メリーランド生まれ、南アフリカ育ち、現在はNYブルックリンを拠点とするシンガーソングライター、Shalomがデビュー・アルバム Sublimation を3/10にリリースする。プロデューサーのRyan Hemsworth (Quarter-Life Crisis) とのコラボレーションで制作された全13曲を収録。Saddle Creek からリリースされる。

Shalomは、デビュー・アルバム Sublimation の各トラックが静かな啓示のように感じられるほど、感情の開放と明晰さを備えた、印象的で直接的な音楽を制作している。ブルックリンを拠点とし、南アフリカで育ったこのアーティストは、Lucy DacusのストーリーテリングとIndigo De Souzaの衝動を組み合わせ、彼女の人生の瞬間について大胆不敵にパーソナルな曲を書いているが、彼女の正直さはとても率直で、誘惑的でもある。彼女の歌詞は、どんな緊張も取り除き、カタルシスのためのスペースを作る。この13曲は、失恋、アウトサイダーとしての感覚、自己治療とパーティー、そして最終的には恐怖よりも愛を選んだというストーリーで、彼女自身の様々な側面を映し出している。インディー・ロックのエッジを描きながら、シャロームはコラボレーターのRyan Hemsworth(Quarter-Life Crisis)と組んで、ダンサブルでドライブ感があり、かつ繊細な、挑戦的で鮮やかなアレンジを施している。

Shalomは2020年の夏から自分の曲を書き始めたばかりだが、ニューブランズウィックのDIYシーンでバンドを組んでベースを弾いていたことがある。バンドの解散後、彼女は喪に服し、ライターズ・ブロックを経験した。「それは私が今まで経験した中で最も苦痛で創造的な経験でした」と彼女は言う。彼女は、その創造的な出口を失ったことを処理する方法として、初めて自分で作曲し、プロデュースした曲、”Concrete”を書いた。この曲は、憧れのストリングスとShalomの歌声に彩られたゴージャスなトラックだ。「私たちが築いた未来がただ滑り落ちていくのを見ていた/今でもほとんど毎日あなたのことを考えている/でも人生には誰にも強要できない良いことがあるのよ」と彼女は言う。デビュー曲とはいえ、その一行一行には深みとおおらかさが秘められている。

彼女は2020年12月、the first snowstorm of the year と題した自主制作EPに、”Concrete”とその他数曲の初期宅録デモを静かに発表し、やがてプロデューサーRyan Hemsworthの耳に留まることになる。Hemsworthは、すでに出来上がっていた彼女の視点とタイトなメロディーセンスに感銘を受け、Shalomにさらに曲を書くように依頼した。「書き始めたら、みんなに信じてもらえて、これはいい曲だと実感できるようになったわ。続けるために必要な検証を受けたんだ」。彼らはすぐにコラボレーションを始め、Shalomはベースを書き、Hemsworthは彼女のためにトラックをメールで送り、彼女の歌詞に手を加えてもらい、その家を探した。この曲の冒頭には、「21歳になる前にドラッグをやりまくって、1週間に1回、1ヶ月間ずっと2錠を食べ続けた」と書かれている。

メールでの気軽なコラボレーションから始まったこの曲は、瞬く間にアルバム制作に必要な素材を集めた。リード・シングル “Happenstance”は、Shalomのワールド・シックを表現している。筋肉質なベースラインに乗せて、彼女はこう歌う。「私は、ようやくこのすべてから立ち去ることができる日を待っているの」。このトラックが魅惑的なグルーヴに落ち着くと、彼女はコーラスでこう歌う。「私はチャンスがあればいつでも自分を消そうとしている/蒸発すると同時に、正当な評価を受けたいという欲求があるの」と。このような矛盾の中にこそ、Shalomの書く文章が繁栄し、 Sublimation の核心となる部分がある。冒頭の “Narcissist”はアンセミックで、大音量で聴くことを想定している。”and maybe I’m a narcissist / I don’t even know if I exist / I wish I’d evaporate” というフックがある。Shalomは、「本当に恥ずかしいことをしたとき、脳内で聞こえるのは文字通り “evaporate”なのです」と説明している。彼女のソングライティングは、2つの基本的でありながら相反する感情をうまく表現しており、実生活では表現するのが難しい、注目されたいという気持ちと完全に消えてしまいたいという気持ちを同時に、難なく表現している。

突然の別れを扱った “Train Station”や深い悲しみを扱った “Nowadays”のように、アルバムは彼女のトラウマの処理に焦点を当てているが、Sublimation を通して一貫しているのは回復力だ。陽気でファンキーな “Did It To Myself”では、彼女は自分自身を開放している。弾むようなシンセサイザーときらびやかなアレンジの中で、彼女は「傷ついたものは素晴らしくなる/そして今、私は自分の力で戻ってきた、ああ」と歌い上げる。Shalomは、「前に進むときはいつでも、過去を思い出さなければならない。私の曲のほとんどは、記憶と向き合うことで前に進むことを歌っているのです」と言う。Shalomの内省的な表現に匹敵するだけでなく、こうした不快な真実と向き合う優しさを持つソングライターはほとんどいない。

Sublimation の多くの曲は、Shalomがベースと一緒に座り、数時間で完全に書き上げた曲をほぼ瞬時に作り上げたものだ。代表的な曲である”Lighter”は45分かかったとShalomは回想する。インディー・ロック調の爽やかなアレンジが施されたこの曲で、彼女はキラキラしたギターにのせて、「自分らしく生きるのはもうおしまい/他の誰かになりたい/闘うことに疲れた」と歌っている。淡々とした主題にもかかわらず、Sublimation は聴きにくいものではない。「このレコードは、ソングライターとしての私を紹介するもの」と彼女は言う。「このレコードは、私の多才さを示していると思うけれど、実際は、私が本当に正直で、真剣で、裸であることを表している。このレコードでは、私の骨が見えるでしょう。でも、私はそれでいいんです、だって、それを吐き出さなければならないのですから」。

https://saddle-creek.com/collections/new-releases/products/sublimation

“Happenstance”

Sharom – Sublimation

Listen: Apple Music Spotify Bandcamp

Label: Saddle Creek

Release Date: 2023/3/10

Tracklist:

1. Narcissist
2. Happenstance
3. Whole Life
4. Soccer Mommy
5. Did It To Myself
6. Concrete
7. Nowadays
8. Train Station
9. Bodies
10. Lighter
11. Mine First
12. Live Through This
13. End In Sight

Tagged