60〜70年代にトルコで人気を博したアナトリア・フォークとサイケデリック・ロックを融合したアナドル・ロックの代表的なバンドとして知られるオランダ/アムステルダム拠点の6人組バンド、Altın Gün がニュー・アルバム Aşk を3/10にリリースする。2021年の前作 Yol に続く5thアルバムとなり、70年代のアナトリアン・フォークロックサウンドへ回帰した全10曲を収録。ATO からリリースされる。

5枚目のアルバム Aşk (deeper feeling of love) は、Altın Günの最初の2枚のアルバムを特徴付けた70年代のアナトリアン・フォークロックサウンドへの回帰を意味する作品である。

このアルバムは、アムステルダムを拠点とする6人組の有名なライブ・パフォーマンスで見られる感染力のあるエネルギーを放射し、トルコのサイケデリック・グルーヴ・ポップ、SFディスコ、ドリーミー・アシッド・フォークのグループのサウンドパレットをさらにレベルアップさせたものである。

Altın Günのニューアルバムで最初に心をつかまれるのは、そのエネルギーだ。

アムステルダムを拠点とするこの6人組は、 Aşk で、2021年のアルバム ÂlemYol のようなエレクトロニクスとシンセを駆使したサウンドから一転している。パンデミック中に自宅で制作されたその2枚は、80年代と90年代初頭のエレクトロニック・ポップにオマージュを捧げていたが、Aşk は、Altın Günの最初の2作 On(2018)とGece(2019)を特徴付けた70年代のアナトリアのフォーク・ロック・サウンドへの豪快な回帰を意味している。

しかし、ここにも発展がある。Aşk は、これまでバンドがライブ・パフォーマンスの感染力のあるエネルギーを捉えるために最も近づいた作品だ。ベーシストのJasper Verhulstは、「このアルバムは、ライブ・サウンドとより密接に繋がっている」と語る。「バンドとして、家でデモを作るのではなく、一緒にリハーサルスペースに入り、一緒に音楽を作り上げたんだ」。

「前作のようにレコーディングはしていない 」とボーカルのMerve Daşdemirも同意する。「前作はパンデミックの影響で、基本的に自宅で制作したんだ。今はテープでのライブ録音に戻ったんだ」。

「70年代のロック・アルバムのように、非常に伝統的なアプローチでレコーディングしたんだ」とVerhulstは付け加える。この場合、それは単に6人のミュージシャンを部屋に集め、数本のマイクを用意するという意味ではない。「テープやその他の機材も含めてね」とVerhulstは言う。

ヴィンテージの機材や録音技術を使い、細部までこだわったからこそ、このアルバムは温かみのあるサウンドに仕上がっているのだ。しかし何よりも、このアルバムは友人や共同制作者たちが、現実の時間と空間の中で再び一緒に音楽を作ることに喜びを感じている音なのだ。

また、このアルバムのために彼らが選んだ素材には、意図的な原点回帰がある。全10曲は、トルコの伝統的な民謡を新たに朗読したもので、これらの古代の歌がいかに永遠に共鳴し続け、再解釈の機が熟したかを明らかにしている。Daşdemirは「これらの曲は何度も何度もカバーされてきた」と言う。

アルバムは Âlem にも収録されている”Badi Sabah Olmadan”で始まり、エレクトロニックな雰囲気が漂っている。しかし、この曲はまったく違うものだ。Erdinç Ecevitの艶やかなヴォーカルとエレクトリック・サズ、Thijs Elzingaのカミソリのようなスライドギターは、Pink Floydのサイケデリックなバーンストーマー”One of These Days”のアナトリアの従兄弟のようなイメージ。

Sly & Robbieのようなレゲエ・ファンクのグルーヴに、VerhulstとドラムのDaniel Smienkが、Daşdemirの哀願とからかいのボーカルをタイトにバックアップしている。”Dere Geliyor”では、Ecevitが幽玄なキーボードを加え、Chris Bruiningsのカタカタ鳴るハンドドラムとずれた拍子記号が壮大なプログレフォークのフィーリングを生み出し、深みのあるシンセソロに転じている。

“Çit Çit Cedene “は、このアルバムで唯一、70年代のサイケ・フォークに変身した曲で、あのアナドール・サイケの伝説的人物、Barış Mançoが手がけたものだ。この曲では、Altın Günがファンクな雰囲気を醸し出し、Ecevitがシンセサイザーのソロを繰り出している。また、”Kalik Gidelim”では、Barış Mançoの精神が感じられ、Mançoの魅惑的な名曲 “Lambaya Puf De” の痕跡がはっきりと残っている。

Altın Günは、この楽しい探検の中で、あといくつの世界を訪れるのだろうか。”Rakiya Su Katamam”は、Gongがボスポラス海峡に立ち寄ったかのような、睥睨するスペースロックだ。”Canim Oy”は、イスタンブールのカディキョイ地区が東洋のカーナビーストリートだった頃のサイケデリックなフリークビートストンパ。”Güzelliğin On Para Etmez”はドリーミーなアシッドフォークアンセム。そしてフィナーレを飾る “Doktor Civanim”は、SFディスコキャンプの魅力的な一片で、ラバランプのようなシンセサイザーが、Barış Mançoの “Ben Bilirim”と並べても違和感がないほどだ。

新鮮でありながら時代を超越している。古代に根ざしながら、天国のような未来に憧れる。Aşk はあなたを様々な場所に連れて行きたいと思っている。あなたはただ、その場に身を置くだけでいいのだ。

https://altingun.bandcamp.com/album/a-k

“Rakıya Su Katamam”

“Leylim Ley”

Altın Gün – Aşk

Listen: Apple Music Spotify Bandcamp

Label: ATO

Release Date: 2023/3/10

Tracklist:

  1. Badi Sabah Olmadan
  2. Su Sızıyor
  3. Dere Geliyor
  4. Leylim Ley
  5. Çıt Çıt ÇedeneHai
  6. Rakıya Su Katamam
  7. Doktor Civanım
  8. Canım Oy
  9. Kalk Gidelim
  10. Güzelliğin On Para Etmezli
Tagged