ナイジェリア出身で現在はトロントを拠点に活動するシンガー/プロデューサー DEBBY FRIDAY がデビュー・アルバム GOOD LUCK を3/24にリリースする。2019年のEP Death Drive に続く作品となり、Graham Walsh (METZ、Holy Fuck)と共同プロデュースで制作された全10曲を収録。Sub Pop からリリースされる。

ナイジェリア出身で、モントリオール、バンクーバー、トロントとカナダのあちこちに移住してきたDEBBY FRIDAYの時空を超えた放浪は、太陽が沈んだときから始まった。ナイトライフは、家庭の厳しい生活から解放された彼女にとって、身も心もすっかり魅了されたものだった。夜明けまで騒ぐ、知らない地下室や倉庫でハウスミュージックを聴く……パーティーの魅力は、完璧な逃避行であった。「私は小さなクラブネズミのようでした」と彼女は笑う。クラブが開く世界への憧れは、「ほとんど官能的なもの」だったという。

しかし、気持ちの良いことは、時に崩れることもある。2017年、DJを始めて1年足らずで、彼女の人生はある種の崩壊を迎えた。パーティーが機能しなくなり始めたのだ。何もかもが、彼女の思い通りにいかなかった。そこで彼女は自分のものを集め、彼女のいくつかの青春物語の最初のものとなるものに乗り出した–ビルドゥングスロマンの波である。「個人的な問題:精神的なもの、薬物乱用、愚かな愛」と彼女は列挙するが、DEBBYの言い方は、まるで今の自分を見るために歩かなければならなかった谷に感謝しているようだ。自分の足を止める決断をした後、彼女は新しい道を切り開いた。深夜にYouTubeで始めた音楽制作のチュートリアルがEP BITCHPUNK につながり、BITCHPUNK が初のパブリックパフォーマンスにつながり、そしてセカンドEP DEATH DRIVE へとつながっていった。彼女のアートは、前に進むために必要な強さを彼女に授けた。「これは、私が生まれながらにしてやっていることなのです。とても自然で本能的なものでした。それまで感じたことのないような、とてもクリアで集中した、自分の力を感じることができたのです」。

では、その力を磨くには何が必要なのだろうか。修士号取得、執筆や映画制作の実践、音楽制作など、人を一日から次の日へ導くための規律は神秘主義に近いものもある。DEBBYは、占星術、心理学、哲学の研究に真剣に長期的に取り組むことで、世界を駆け巡り、他者と関わり、自分の内側にあるものに近づいていくことができる。彼女は、現れるものを信じている。彼女は無意識を意識化することを信じている。彼女は闇と対話したいのだ。

GOOD LUCK がエントロピーの研究のように機能するのはそのためだ。表面的には、Santigoldのダブ・ダズルやDeath GripsのMIDIクラッシュの匂いがするが、エリック・ロメールのような監督の平明さや、後期のSylvia Plathのグロテスクなデカダンスの匂いはあまり感じない (ジュノー賞とポラリス賞にノミネートされた作曲家Graham Walshは、このジャンルの柔軟性にある種の重厚さと力強さを加えている:Sevdaliza が FKA Twigsと出会ったようなものだと考えてほしい)。

しかし、彼女のようにそれを実現する人はほとんどいない。Pelada / UñasのChris Vargasを迎えた “I GOT IT”のような明晰でアシッドハウス的なハイBPMトラックが、彼女を「大きなエゴ」と「赤い血のリビドー」に対して自信と誇りを持っているとすれば、”LET U DOWN” (”I been your Brutus, your Judas / I’ve been so wrecked and so ruthless” )といったクラッシュトラックでは感情の低域に躊躇なく踏み込んでいる。彼女は、メランコリアとダークネスを示唆する特定のキーとムード(例えば、陰鬱なDとFマイナスがこのアルバムの至る所にある)に惹かれるのである。しかし、リードシングルの “SO HARD TO TELL”は、FRIDAYの特徴であるインダストリアルな要素を一切排除し、完全にアウトポケットな、しかし完全に確実な、ファルセットポップソングを提供している。この曲は、これまでの彼女の作品にはないサウンドで、FRIDAYの本質的な成長を示す重要な意味を持つものである。

アルバム GOOD LUCK は、FRIDAYとNathan De Paz Habib(過去にはChino Amobiの同名小説を基にした”Eroica”など)が共同監督した同名のショートフィルムと一緒にリリースされる予定である。これは個性化の物語である。ある女性と仮面をつけた最愛の人のラブストーリーだが、付随する独立した映像以外では、悲しみや残酷さのベールの向こう側で何が起こっているのかを、意欲的かつ切望的に調査している。闇を知ることは、光を理解する唯一の方法であり、グレーやブルー、その中間の状態をも理解することだからだ。GOOD LUCK におけるFRIDAYの探究心–ニュアンスの泥沼に分け入っていくこと–は、ある種の勇気である。

https://debbyfriday.bandcamp.com/album/good-luck

“SO HARD TO TELL”

DEBBY FRIDAY – GOOD LUCK

Listen: Apple Music Spotify Bandcamp

Label: Sub Pop

Release Date: 2023/3/24

Tracklist:

1. GOOD LUCK
2. SO HARD TO TELL
3. I GOT IT (feat. Uñas)
4. HOT LOVE
5. HEARTBREAKERRR
6. WHAT A MAN
7. SAFE
8. LET U DOWN
9. PLUTO BABY
10. WAKE UP

Tagged