ロンドンのインディー・ロック・バンド、Index For Working Musik がデビュー・アルバム Dragging the Needlework for The Kids at Uphole を1/17にリリースする。Index For Working Musikは、Max Oscardnold (TOY、Proper Ornaments)とNathalia Bruno (DRIFT.) が中心に、ドラマーのBobby Voltaire、ベースのE. Smith、ギタリストのJ. Loftusを加えて結成された新バンド。Tough Love からリリースされる。

“自由の王道で、悪はフェラーリのように…”

Index For Working Musikは、メンバーも知らないうちに、2019年末のある晩、バルセロナのゴシック地区の小便小屋の床に漬かっていた色あせた白黒のコピー集を発見する中で誕生した。神聖なイメージと冒涜的なイメージの詰め合わせが、初期キリスト教の隠者に関するエッセイ、「神に憑依された人々」と題された、その意味が魅力的に曖昧なものの中にくしゃくしゃと置かれていた。それは、新しい試みの種を蒔くようなものだった。Max OscardnoldとNathalia Brunoは、すでに一種の創造的ピンポンをしていたが、この時点までの成果は、1曲と4つのインタールードを含む30分の1インチ・テープに過ぎなかった。彼らはページとインクを必要とし、場所とエネルギーを必要とした。突然、偶然か神の介入か、彼らの実験的なベンチャーは形と方向性を与えられたのだ。

ロンドンの呪われたスモッグの中で、彼らは自分たちと8トラックのスタジオをE8の地下室に移し、そこでプロジェクトの引力を強め、ドラマーのBobby Voltaire、ダブルベースのE. Smith、ギタリストのJ. Loftusを加えて、予想外の集団へと急速に発展していった。彼らの周りで世界が変化し、Plague Yearsが続く中、彼らはその地下の小さな部屋から離れるつもりはないことが次第に明らかになってきた。光や外界の存在が希薄であることは、制限ではなく、手元にある主要なツールであり、レコーディングは建築的に孤立した状態で境界のない日々に及ぶことができ、彼らは「最初に考えたことを、最善の方法で」アプローチして、まっすぐな自由なギター音楽を作ることを余儀なくされたのである。

この期間の結果、彼らは Dragging the Needlework for the Kids at Uphole と名付けた音楽集をTough Loveから1月17日にリリースすることになったのである。35分間、繰り返されるフレーズのギター、スロークリップのドラム、そして繰り返される砂漠の風景を歌ったヴォーカルで構成されている。アフガン音楽のリール巻きのループが、薬局の行列で録音された声やスペインの英雄から借りたドラムマシンなどのファウンドサウンドと重なり、遠い国の音と近い現実の断片の両方を表現している。それは、想像上の神秘主義と家庭内の現実、熱狂的な夢と数週間から数ヶ月に及ぶ日々からなる、奇妙な精神的な醸造物である。

ゴシック・クォーターでの発見がきっかけとなり、実は彼らが探していたものは、ボイスメモや録音されたギターのフィードバックの山に埋もれたまま、ずっと自分たちのそばにあったのだと気づいたのだ。彼らは神に憑依された人間ではないかもしれないが、最終的に彼らの道を導くことになったのは自己所有であった。

「人生は、その破壊的な変化にもかかわらず、破壊できないほど力強く、喜びに満ちている」。

https://tough-love-records.myshopify.com/products/index-for-working-musik-dragging-the-needlework-for-the-kids-at-uphole

“Wagner”

Index For Working Musik – Dragging the Needlework for The Kids at Uphole

Listen: Apple Music Spotify Bandcamp

Label: Tough Love

Release Date: 2023/1/17

Tracklist:

1. Wagner
2. Railroad Bulls
3. Athletes of Exile
4. Narco Myths
5. Ambiguous Fauna
6. ISIS Beatles
7. Palangana
8. 1871
9. Chains
10. Petit Committee
11. Habanita

Tagged