カナダのシンガーソングライター/マルチインストゥルメンタリスト、Andy Shauf がニュー・アルバム Norm を2/10にリリースする。2021年の前作 Wilds に続くニュー・アルバムとなり、全ての楽器を自身で演奏したセルフ・プロデュース作。Tyler, the CreatorやJanelle Monae、Outkastなどを手がけるNeal Pogueがミックスを担当した。Anti- からリリースされる。

2016年の The Party と2020年の The Neon Skyline で「才能あるストーリーテラー」(NPR Music)と賞賛されたAndy Shaufは、カラフルなキャラクター、細かいディテール、豊かな感情の深さに満ちた短編小説のように展開するアルバムを書いている。しかし、Norm で Shauf は、これまで賞賛されてきたスタイルをずるずると解体し、再構築し、複雑なレイヤーと視点でソングライティングを高め、新たな方向性を見出すことに挑戦している。ジャズの要素を取り入れたロマンティックなバラードで魅了する一方で、不吉な状況や暗い動機を暗示するような、より斜に構えたストーリーテリングを展開するようになったのだ。

Shaufは、The Neon Skylineのツアーを予定していたが、パンデミックの初期に多くの人がそうだったように、代わりに多くの時間をひとりで過ごした。彼はガレージのスタジオに閉じこもり、ギター、ピアノ、シンセを中心に書かれた、よりオーソドックスな曲のコレクションである Norm のセルフプロデュースとすべての楽器の演奏を行っていた。後者は、彼が求めるより広々とした触感のサウンドを作り出すのに不可欠なものだった。Shaufの目標は単純で、コードではなくメロディーを主体としたものを作り、それを現代的にすることだった。アルバムのミックスには、ジャンルと時代を超越したトラックを生み出す天才的なシェイパー、Neal Pogue (Tyler, the Creator, Janelle Monae, Outkast) を起用し、優しく浮遊するシンセサイザーの雰囲気をさらに高めている。

この時期、彼はデヴィッド・リンチの『マルホランド・ドライブ』に魅了され、視点を混ぜ合わせ、影のある物語に手を加えるというShauf の本能を立証するような作品となった。彼は、アルバムのオリジナルの歌詞をすべて書き直し、ストーリーを再現し、Nicholas Olson をストーリーエディターとして起用した。ShaufがNormというキャラクターを中心に物語を構築しようと決めたのは、タイトル曲を書いた後だった。「Normというキャラクターは、とてもいい形で紹介されています。しかし、このレコードに注意を払えば払うほど、それが不吉なものであることに気づくはずです」

The Party でインディーズでの知名度を上げ、Polaris Music Prizeにノミネートされた後、Jimmy Kimmel Live!やCBS This Morningでパフォーマンスを披露。The Neon Skyline でPitchfork、ESQUIRE、NPR Music、Stereogum、The Atlanticなどから賞賛を受けたShaufは、サードアルバムで自分の知っている領域を離れ、半自伝的なものから離れ、全く異なる方法でソングライターとしての成長を後押ししているのである。Norm で、彼はコンセプト・アルバムのアイデアを再現し、信仰と運命論について作り上げた。しかし、Shauf は道徳を説く必要がないことに気づいた。彼は、その仕事を私たちリスナーに課したのだ。語り手であると同時に捜査官でもある私たちは、その空白を埋めるのである。

https://www.anti.com/artists/andy-shauf/

“Wasted On You”

Andy Shauf Norm

Listen: Apple Music Spotify Bandcamp

Label: Anti-

Release Date: 2023/2/10

Tracklist:

1.Wasted On You
2.Catch Your Eye
3.Telephone
4.You Didn’t See
5.Paradise Cinema
6.Norm
7.Halloween Store
8.Sunset
9.Daylight Dreaming
10.Long Throw
11.Don’t Let It Get To You
12.All Of My Love

Tagged