ロンドンのアート・ロック・トリオ、Dama Scout のフロントパーソン、mui zyu がソロデビュー・アルバム Rotten Bun for an Eggless Century を2/23にリリースする。miu zyu のソロ作品としては2021年のEP A Wonderful Thing Vomits に続く作品となり、バンド名との Luciano Rossi を共同プロデューサーに迎えて制作された。Father/Daughter からリリースされる。

香港出身のアーティストEva Liuは、mui zyuとして、ファンタジーとフォークロアを融合させ、自己受容と解放のための舞台を作りながら、常に変化し続けるアイデンティティのトリッキーな領域をナビゲートしている。デビュー作 Rotten Bun for an Eggless Century では、切り刻んだサウンドスケープ、繊細なインダストリアルアンビエンス、甘いポップメロディーを駆使して、世界をまたにかけることができ、忍耐、辛抱、理解というカタルシスを与えるキャラクター、ガイドを紹介した。このキャラクターは、現実世界からの逃避ではなく、自分自身をより深く理解するために作られたものなのだ。Rotten Bun for an Eggless Century は、私たちを私たちたらしめているすべての人、そしてすべてを映し出している。

2021年のソロEP a wonderful thing vomits (Father/Daughter)で、Liuは暗く、しばしば不吉な楽器とピローなソフト・ボーカルをシームレスに統合したことで賞賛された。UKのインディー・ロック・トリオ、Dama Scoutのフロント・パーソンとして、Liuはジャンルを超えた混乱した音の風景を、遊び心と優しい器用さで難なく操っている。Dama ScoutのバンドメイトであるLuciano Rossiを共同プロデューサーに迎えたLiuの初のソロアルバムは、これまでの世界をベースに、ローファイなパーカッション、切ないリリック、奇妙に魅力的なアレンジを加えた、よりアップビートなパッチワークを開花させた作品となっている。「2つの世界の間を行き来しているような感じね。キッチンシンクのような現実と、もっとファンタジックな場所とね」。

Rotten Bun for an Egless Century の制作過程で、Liuは自身の香港の伝統をより深く掘り下げ、受け入れ、祝福するための空間を作り出した。子供の頃、彼女はしばしば伝統から遠ざかり、群衆の中に紛れ込んでしまうことがあった。「私は中国人であり、自分のものなのです」と彼女は説明する。「以前は、それを恨んでいました。どこか中国人らしくない自分を演出するようなことをやってみたんです」と。アルバムの制作が始まると、Liuはプー・ソンリンの中国の伝統的な民俗学の著作を読み、地元の東アジアや東南アジアのグループに参加し、幼少期に同じような経験をした人たちとの絆を深めることができた。ビデオゲームや映画音楽への愛着と中国の伝統的な楽器を融合させることができ、新しい自分への入り口が開かれたのだ。

この音の風景は、シングル”Ghost with a Peach Skin”で最も顕著に感じられる。Liuは、以前の自分を捨てて新しい肌になることを表現している。ある人間関係や経験を乗り越えても、新しい肌にはまだ痣が残っている、つまり過去のパターンがあるのだ。「桃は傷つきやすいデリケートな果物ですが、中国文化では長寿や不老不死を象徴しています」と彼女は言いう。この痣を模倣するために、Liuは伝統的な古筝の演奏者(Yijia Tu)とコラボレーションし、その録音を切り離して「痣」を作る演奏を行い、魅惑的なエレクトロ・ポップ・バンガーを提供している。また、ピアノを中心としたオープニング曲”Rotten Bun”では、過去に腐敗した心、そしてこのアルバムのキャラクターがゲームの主人公のように孤独な戦士として世界を渡り歩くというアイデアを紹介している。エレクトロニック・パーカッションと歪んだボーカルは、Liuが”Rotten bun, scarred by everyone / Just hold my hand, let’s break away from them”と宣言するように、このガイドが最初の一歩を踏み出すことを促すように膨らんでいる。

その後、この陽気な衝動は”Talk to Death”にも浸透し、人生の衰退を受け入れる姿勢が溢れている。Liuは死を擬人化し、推進力のあるシンセサイザーで死と対話する。”Paw Paw “では、Charlie Wardleによる二胡の演奏が感動的で、失ったものに捧げる思いが伝わってくる。「この曲は、私がポーポーと呼んでいた母方の祖母に触発されたもので、亡くなった祖父母にも捧げられています」と彼女は言う。「私の祖父も二胡を演奏していたのですが、彼はあまり言葉を発しない人なんです」。元レストラン経営者の父親が香港料理の作り方を説明する”Ho Bao Daan(Interlude)”。この曲は、軽快なリズムにのって、これまで遠ざかっていた人脈に投資することの大切さを教えてくれる。

この甘さとLiuの美しいアレンジが相まって、 Rotten Bun for an Eggless Century は物語の両面を受け入れるアルバムとなっている。このアルバムは、私たちに暗闇を受け入れつつも、その過程で明るい瞬間を探し出すことを求めている。現代的な楽器と伝統的な楽器を組み合わせ、メロディーをより広い範囲に広げることで、Liuは過去を尊重するだけでなく、癒しの力を利用し、完全に自分自身の道を作るために過去を受け入れ、変化させているのだ。

https://www.fatherdaughterrecords.com/product/Rotten_Bun_for_an_Eggless_Century

“Ghost With A Peach Skin”

mui zyu – Rotten Bun for an Eggless Century

Listen: Apple Music Spotify Bandcamp

Label: Father/Daughter

Release Date: 2023/2/23

Tracklist:

01 “Rotten Bun”
02 “Ghost With A Peach Skin”
03 “Hotel Mini Soap”
04 “Mother’s Tongue”
05 “Dusty”
06 “Ho Bao Daan”
07 “Demon 01”
08 “Dancing For Drinks”
09 “Talk To Death”
10 “Paw Paw”
11 “Eggless Century”
12 “Sore Bear”

Tagged