NYブルックリンを拠点とする韓国系アメリカ人ミュージシャン Miss Grit (a.k.a. Margaret Sohn) がデビューアルバム Follow the Cyborg を2/24にリリースする。2021年のEP Impostor に続く作品となり、アルバムには WarpaintのStella Mozgawa、MommaのAron Kobayashi Ritch、Pearlaが参加。Mute からリリースされる。

ニューヨークを拠点に活動する韓国系アメリカ人ミュージシャン、Margaret Sohn(they/she)が、デビューアルバム Follow the Cyborgを発表、タイトルトラックとビデオを公開した。Follow the Cyborg では、人間ではない機械が、その無力な起源から意識と解放へと向かう過程を追及している。ある時は優しくまばらで、ある時は不安定で爆発的な、電子的な実験と刺激的なエレキギターの音世界を占めている。Pitchforkは、「Miss Gritは、彼女の曲を整頓された予測可能な形に詰め込むことを拒否し、その代わりに、曲の広がりと破れを許容する」と表現している。

Miss Gritsがサイボーグの人生についてのアルバムを構想するきっかけとなったのは、彼ら自身とサイボーグという存在との結びつきからきている。人種も性別も異なるアーティストであるSohnは、外界から押し付けられるアイデンティティの制限を常に拒否し、より流動的で複雑な自己理解を受け入れてきた。ローリングストーン誌で「独創的で鋭いシンガーソングライター」と賞賛された彼らのプロセスは内省的であり、そのビジョンは正確だ。サイボーグの人生を探求する彼らは、”Her”、”Ex Machina”、”Ghost in the Shell”などの映画や、Jia Tolentino(”Trick Mirror: Reflections on Self-Delusion”)、Donna Horrowayのエッセイ”A Cyborg Manifesto”を微妙に、そしてあからさまに参照している。

“Follow the Cyborg”はアルバムに2度収録されており、英語とミスグリットの第二言語である韓国語(’사이보그를 따라와’)で演奏されている。この瞬間は、彼らが両方の文化的アイデンティティを取り戻したことを意味する。どちらの文化も、もう一方の文化が絡み合っていなければ、故郷のようには感じられないのだ。先にリリースされた”Like You”に続く”Follow the Cyborg”は、シンセとSohnのコントロールされたテナーでハミングしている。Stella Mozgawa (Warpaint)のパーカッションが、よりアップビートな展開を告げ、トラックは鮮やかなギターラインとサックスのうねりで広がっていcdく。英語版のPVは、Curry Sicong Tian監督による見事なシネマティック作品である。オープニングは映画の色彩を取り入れたネオン調で、その後、前述のアニメによく見られるハイファッションで未来的なシーンと美学が展開される。「私の体をサイバーワールドに置き、私のゴーストの様々なバリエーションが自由に動き回れるようにしたかったのです」とSohnは言う。「本能的なろ過を避けるために、自分でも認識できないような、ちょっと異常な姿にしたかったのです」

https://mute.com/miss-grit/miss-grit-announces-debut-album

“Follow the Cyborg”

“Like You”

Miss Grit – Follow the Cyborg

Listen: Apple Music Spotify Bandcamp

Label: Mute

Release Date: 2022/2/24

Tracklist:

01 Perfect Blue
02 Your Eyes Are Mine
03 Nothing’s Wrong
04 Lain (Phone Clone)
05 Buffering
06 Follow the Cyborg
07 사이보그를 따라와
08 Like You
09 The End
10 Syncing

Tagged