ヒップホップをベースにアブストラクトな音像とエモーショナルなボーカルで多くのミュージシャンを魅了するスコットランド/エディンバラ拠点のジャンルレス・トリオ、Young Fathers がニュー・アルバム Heavy Heavy を2/3にリリースする。2018年の前作 Cocoa Sugar 以来約5年振りの4thアルバムとなり、地下のスタジオにいくつかの機材とマイクだけを持ち込んだ基本に立ち返ったアプローチで制作された全10曲を収録。Ninja Tune からリリースされる。

Young Fathers(Alloysious Massaquoi、Kayus Bankole、G. Hastings)は、バンドののニュー・アルバム Heavy Heavy の詳細を発表した。2023年2月3日にNinja Tuneからリリースされる本作は、グループにとって4枚目のアルバムで、2018年のアルバム Cocoa Sugar 以来の作品となる。10曲入りのこのプロジェクトは、地下のスタジオに3人、いくつかの機材とマイクだけという、基本に立ち返ったアプローチを新たに示すもので、すべてが常にプラグインされ、すべてが常に手の届くところにあるというものだ。

Young Fathersは、Heavy Heavy の発表と同時に、2023年2月からイギリスとヨーロッパのステージに待望の復帰を果たす予定である。このツアーでは、ロンドンのRoundhouse、パリのElysee Montmartre、アムステルダムのParadiso、リーズとグラスゴーのO2 Academy、ダブリンのOlympia、ベルリンのAstra、マンチェスターのAlbert Hall、アントワープのTrix、ハンブルグのMojo Clubなどでのライブを予定している。

アルバムとツアーのニュースを記念して、Young Fathersは本日、新曲”I Saw”をリリースしま た。この曲は、7月にリリースされた単独シングル”Geronimo”に続く、アルバムからの2曲目で、マルチジャンルの多様性で知られるこのグループの、動きのあるリズム、コントロールされたカオス、抑えきれないソウルなど、ファンが愛してやまない要素が満載の曲となっている。この曲は、23歳のオーストリア系ナイジェリア人アーティストで映画監督のDavid Uzochukwuが制作したビデオと一緒に、この待望のアルバムの核となる野心的なアイデアを示している。

タイトルについてバンドは、「Heavy Heavyはムードかもしれないし、サウンドを支えるベースの滑らかな花崗岩を表現しているかもしれない…あるいは、少年から大人の男性への自然の成り行き、生きることの避けられない犠牲、喜びの負担、関係、家族、大きな変化を目撃してきた長いグループの自然の勢いにちなんでいるかもしれない」と書いている。

このアルバムについて、Kayusは「悪魔を解放し、それに対処するんだ」と語っている。「その後に意味を見出すんだ」。

Young Fathersにドレスコードは必要ない。モッシュではなく、ダンスをする。腰を振り、足を滑らせ、Catherine Wheelで脳を刺激し、喜びと共感を呼び起こす。地下にありながら、決して暗くはない。何年か経って、世界の重い重い重みが日に日に増しているように見えるが、まだ若い。

https://www.ninjatune.net/release/young-fathers/heavy-heavy

“I Saw”

“Geronimo”

Young Fathers – Heavy Heavy

Listen: Apple Music Spotify Bandcamp

Label: Ninja Tune

Release Date: 2023/2/3

Tracklist:

01. Rice
02. I Saw
03. Drum
04. Tell Somebody
05. Geronimo
06. Shoot Me Down
07. Ululation
08. Sink Or Swim
09. Holy Moly
10. Be Your Lady

Tagged