Skullcrusherのコラボレーターとしても知られるLA拠点のSSW、Noah Weinmanによるプロジェクト Runnner がニュー・アルバム Like Dying Stars, We’re Reaching Out を2/17にリリースする。2021年の前作 Always Repeating に続くニュー・アルバムとなり、Run For Cover からリリースされる。

この5年間、ロサンゼルスを拠点に活動するミュージシャン、Noah WeinmanはRunnnerとして活動してきた。2021年の作品集 Always Repeating の制作、Skullcrusherレコードのプロデューサーとしての活動、そしてもちろん、デビュー作 Like Dying Stars, We’re Reaching Out に向けた作業も行っている。LAからオハイオ、そして北東部へと、彼は音の技巧に深く関わってきたのだ。携帯電話や携帯型テープレコーダー、エアコンの音、友人からのボイスメールなど、あらゆるものを使って自宅で作られた音楽だ。段ボールをこすり合わせたり、アコースティックサウンドを液体近くまで伸ばしたり、ディレイペダルをランダムに重ねて曲の滑らかさをかき乱したりすることで、既知のものを未知のものに、普通のものを宇宙的なものにすることができる。これらの曲は、完璧さが予測可能性を招き、不完全さがバランスを崩すため、エッジが意図的に荒いままになっている。そして、その聞き取りにおいて、音は真剣になり、質問を投げかけ、会話をすることができるのだ。

「アルバムに収録する曲を決めようとデモを整理していたら、言葉の限界というテーマに気がつき始めたんだ」とWeinmanは説明する。「誰かに何かを伝えようとしたとき、うまく伝わらなかったり、結局何も言えなかったりする。親しい人に自分を表現するのに苦労するのは、私の人生でもよくあるパターンです」。トランペットとジャズを学んだ後、ギター、バンジョー、ピアノ、シンセに夢中になり、それらを組み合わせて曲を作り、レコーディングすることに目覚めた。「スタジオの環境から抜け出して、自宅でレコーディングを始めてから、レコーディングが本当に好きになったんだ」と彼は言う。

Like Dying Stars, We’re Reaching OutWeinmanの自宅で何年もかけて作曲、録音、改造を行った結果であり、オーガニックな楽器と別世界のデジタル操作のパッチワークとして愛情を込めて作られたものだ。予想外のサウンドと豪華なプロダクションは、Weinmanのメロディーと温かみのあるヴォーカルをさらに際立たせ、疎らな親密さと壮大さを常に絶妙なタイミングで行き来させる。「私はただ、あなたが簡単に識別できないような、少しオリジナルなサウンドを作りたいだけなんだ」と彼は説明する。「しかし、私は自分の選択肢をかなり制限しておくことでそこに到達する。マイクは3本、楽器は数個、MIDIはなるべく使わない。材料リストは短くしていますが、その分、特定の音の生成において、よりクリエイティブになるように仕向けています」。

この音楽的アプローチは、Runnnerの歌詞にも反映されており、見慣れたものが見慣れないものになり、そしてまた見慣れたものになる。米を研ぐこと、シャンプーを買うこと、退屈と孤独が絡み合う様子など、Weinmanはユーモアと心を込めて、日常の中の孤独と不安をふるいにかけている。そして、これらの断片から、彼は新しいものを作ると同時に、すでに知っていて、同時に感じているものを作るのだ。り多くの曲は、緊張が高まり、私が何も言わない、何もしないという物語の弧を描いている」と彼は言う。「思考と会話の間に信号の損失があるようなものです」。”I Only Sing About Food”、”Raincoat”、”Chess With Friends “などの曲は、コミュニケーションに対する様々な精神的、時には物理的な障壁を探り、スキッターなドラムビートとスクラップな音響が、Weinmanの混迷する思考の中をリスナーに導いてくれる。アルバム中盤に収録されている “Running In Place At The Edge of The Map “では、ソファで緊張状態にある自分を、デジタル空間の果てに行き場を失ったビデオゲームのアバターになぞらえている。

Often Like Dying Stars, We’re Reaching Outは、次に何が起こるかわからない、一瞬の中に閉じ込められた人生のように聞こえるが、ここにも希望と明るさがある。アルバムの最終トラック “A Map For Your Birthday “は、”Like Dying Stars, we’re reaching out / so much I can’t say / but you nodded anyway “というフレーズで幕を閉じる。私たちは、なりたい自分になることができない、どこに向かっているのかわからない、自分の居場所がないと感じる、現在に満足できない、自分を完全に世界に示すことができない、にもかかわらず、Runnnerは、おそらくお互いを知りたいと願うこと、支離滅裂であったり言葉が出ないときにお互いを理解すること、それが私たちを結びつけるかもしれないと提案しているのである。

https://www.runforcoverrecords.com/products/732855-runnner-like-dying-stars-were-reaching-out

“bike again”

“i only sing about food”

Runnner – Like Dying Stars, We’re Reaching Out

Listen: Apple Music Spotify Bandcamp

Label: Run For Cover

Release Date: 2022/2/17

Tracklist:

  1. plexiglass
  2. i only sing about food
  3. bike again
  4. raincoat
  5. chess with friends
  6. reach
  7. noah needs a haircut
  8. runnning in place at the edge of the map
  9. scabpicker
  10. string
  11. NYE
  12. a map for your birthday
Tagged