LAのサイケデリックシーンで活動するミュージシャン Michael Collinsによるプロジェクト、Drugdealer がニュー・アルバム Hiding In Plain Sight を10/28にリリースする。2019年の前作 Raw Honey に続く3rdアルバムとなり、Kate BollingerTim Presley (White Fence)、BambinaSedonaSean Nicholas SavageVideo AgeJohn Caroll Kirby等が参加。Mexican Summer からリリースされる。

Drugdealerの3枚目のアルバムであり、最も旬なアルバムである Hiding In Plain Sightは、ほとんど実現しえなかった。パンデミック以前の自身の歌声に不満を持ち、不安を抱えていたDrugdealerの創始者であり主要ソングライターのMichael Collins は、タオルを投げる準備をほぼ完了していた。”Suddenly”や”The Real World”(バンドの2016年のデビュー作 The End Of Comedy 収録)、”Honey”(メキシカン・サマー初のアルバム、Raw Honey 収録)などのヒット曲があり、Collinsは喜ぶべきことがたくさんあったのだ。しかし、Weyes BloodやJackson MacIntosh、そして信頼できる音楽仲間のSasha Winnのような友人やコラボレーターにマイクを渡したいという衝動が頻繁に起こるせいで、Collinsはシンガーとしての自分にますます自信を持てなくなったのだ。しかし、テキサス州マーファの風光明媚なアート・コロニーで、先見の明のあるアーティスト兼作曲家のAnnette Peacockと偶然出会い、彼の考えは一変した。

メキシカン・サマーが毎年開催するマーファ・マイス・フェスティバルに参加したコリンズは、舞台裏でPeacockに出くわした。「Annetteにとても触発されたんだ。でも、これまで一緒に仕事をしてきた他のボーカリストと同じように、自分にはそれがないように感じたんです」と彼は振り返る。「彼女に自分の窮状を話して、歌を聴かせたら、”私のしゃべる声には高さが足りない”と言われたんだ。LAに帰ってから、半音上げる新しい進行を考え始めたんだ。それで、新しい歌い方を見つけなければならなくなったんです」。

疑惑の陰の谷で、Collinsが音楽をあきらめて生涯の夢であった映画製作に乗り出そうと考えていた時期に、伝説の人物とのひそかな会話によって、彼は自分自身の特徴的な声を見つけることができたのである。しかし、タイトルが示すように、Collinsがこのアルバムの大部分を書いたロックダウン時代は、答えを探すために、つまり愛を探すために費やされた時間だったのである。

Collinsは、このAMゴールドヒットを書いたとき、現実には遠ざかっている愛の幻影を呼び起こしたのである。この曲は、彼が理想とする未知の人物に焦点を合わせている。「私が作ったすべてのアートは、この探し求める原型に関連している」とCollgnsは言う。「人が人生で愛を見つける方法は1つではないと思うんだ。このアルバムを作り始めたとき、すべての歌詞がこのテーマを扱っていることに気がついた。”Madison” では、コーラスで”Hoping you’ll find a love/You’re one design of love”と歌っている。それから次に書いた曲は”Find someone to love…”となって……。その時点で、この曲がどうなるかは大体わかっていた。Sasha(メインミュージカルパートナー)と私は、ふたりともとてもロマンチックなんです。私たちは、愛を探すことをテーマにした複数のプロジェクトに取り組んできたんだ」

しかし、この探求は、従来の愛の概念を超えたものだった。Drugdealerのレコードを作るには、村が必要なのだ。DrugdealerのバンドメンバーであるMikey Long、MacIntosh、Josh Da Costa(CMON)、そしてJohn Carroll Kirby(Frank Ocean, Stones Throw)やDaryl Johns(Mac DeMarco, The Lemon Twigs)といったサウスランドの名手たちが、友人愛を表すギリシャ語philiaを「最高の愛の形」と訳し、深い人物像に見せているのである。

2曲目の”Baby”wではTim Presleyが歌っているが、Collinsはこのカリフォルニアのアヴァン・ロックの大御所に対して明確な役割を考えていたようだ。「White Fenceはとても好きだけど、Presleyが歌う、人生で一度もドラッグを試したことのない60年代初期のソックホップ・バンドのような曲も聴きたかったんだ」。一方、Kate Bollingerは、”Pictures of You”でローズ主体のグルーヴの上に爽やかなリード・ヴォーカルを浮かべている。Collinsはいつものように、Hiding In Plain Sight のビジョンを実現するために、錚々たるバックシンガーやインストゥルメンタル奏者を集めている。しかし、このアルバムは、シンガー、ソングライター、ストーリーテラーとして自分自身を愛する方法を見つけた往年のバンドリーダー、大胆なリードシンガーとしてのコリンズの歓迎すべきショーケースとして機能している。

Phil Lynottのような不機嫌だがソウルフルなロックボーカリストの規範からインスピレーションを得て、CollinsはLAのバーやクラブで夜な夜な歩き回っていたことを振り返っている(”New Fascination”)。その間、LongとSergio Tabanicoがエレクトリック・シターとエレクトリック・サックスのソロを担当し、彼のバンドは急変するのである。

最終的に、このアンチヒーローの探求は、コリンズがもうすぐ付き合うことになる彼女のバンドを初めて見た後に書いた曲、”Valentine”で最高潮に達する。”The band plays your songs/And you sing it out/No, I’ve been a fan of you/For a little while.” この新しい視点から、Collinsはようやく昔の自分をはっきりと見ることができる。”Hard Dreaming Man”では、バックミラー越しに落ち着かない10年間の道を振り返っている。”Hard dreaming man/lemme tell you anything I know… I gotta go any place I can go”と、酒場のドアから聞こえてきそうなホンキートンク・ギターのコーラスにのせて歌う。「私が実際に高いレベルで行っているのは、ピアノを弾くことではなく、物語を語ることなんだ」とCollinsは言う。「このグループのミュージシャンは、みんな一緒にいて、物語を語るのが好きなんだ」。

最終曲の “Posse Cut “では、Collinsは再び才能ある友人たちにマイクを譲った。Leon SylversからWarren Gまで続くロサンゼルス・ファンクの伝統の最新作で、6分間のジャムは、Bambina、Winn、Sean Nicholas Savage、Video Age、Kirbyがグルーブ感を見出してそれを乗りこなしている。このアルバムのテーマを集約したような内容で、Winnは「流れを止めたくはない/でも知っておいてほしいことがある/私は動き回ることが知られている/見つかる前に迷子になる」と歌っている。

Hiding In Plain Sight は、自分自身を愛する能力である「フィラウティア」から、周囲の人々を愛し、その貢献を受け入れるより大きな能力である「フィリア」へのオデッセイなのだ。そうして初めて、包括的で情熱的なロマンチックな愛、エロスへの道が開かれるのだ。最終的に、Collinsは周囲に愛を見いだし、ついにそれを歌う声を手に入れたと感じる。

https://shop.mexicansummer.com/release/311427-drugdealer-hiding-in-plain-sight

“Someone to Love”

Drugdealer – Hiding In Plain Sight

Listen: Apple Music Spotify Bandcamp

Label: Mexican Summer

Release Date: 2022/10/28

Tracklist:

1. Madison
2. Baby (ft. Tim Presley)
3. Someone to Love
4. Pictures of You (ft. Kate Bollinger)
5. New Fascination
6. Valentine
7. To Live and Drive in LA
8. Hard Dreaming Man
9. Posse Cut (ft. Bambina, Sedona, Sean Nicholas Savage)

Tagged