LAを拠点とするマルチインストゥルメンタリスト/シンガーソングライター Louis Cole がニュー・アルバム Quality Over Opinion を10/14にリリースする。2018年の前作 Time に続く3rdアルバムとなり、アルバムにはGenevieve ArtadiSam GendelChris FishmanNate Wood、Marlon Mackey 等が参加。Brainfeederからリリースされる。

Louis Coleは、カリフォルニア州ロサンゼルス出身のシンガーソングライターであり、DIYの美学にあふれた才能あふれるマルチインストゥルメンタリストである。彼は音楽を通して深い感情を生み出すことを使命としており、Genevieve Artadi(コールは2009年にオルトポップ/エレクトロファンクバンドKNOWERを共同設立)、Sam Gendel、Sam Wilkes、Jacob Mann、Dennis Hamm、Pedro Martinsなど、LAのジャズに隣接したシーンを牽引する存在である。彼は2022年10月14日にニューアルバム Quality Over Opinion をBrainfeeder Recordsからリリースする予定だ。

20曲からなるこのアルバムは、彼のささやかなホームスタジオで彼自身が作曲、演奏、制作を行ったが、Louisは、Genevieve Artadi(「私のNo.1ミュージックコラボレーター」)、Cole の17年来の友人であるサックス奏者のSam Gendel、ピアニストのChris Fishman、バンド Kneebody のNate Wood 、Marlon Mackey(「ベーカースフィールド・ミュージック・シーンの柱」)、ギターリストのKurt Rosenwinkelを招きアルバムに貢献してもらった。「このアルバムは、私ができる限り最高の、最もパワフルで聴きやすい音楽を作ろうとしていることを表現したものです。自分自身のため、そして他の人のためにもね」と語る。

Louisの主な楽器はドラムで、ジャズのバックグラウンドを持っているが、彼の書く音楽は純粋な意味でのジャズや古典的な意味でのジャズとはほとんど似ていない。「ジャズの根底にあるのは、純粋な自由…限界はない…その瞬間に考えていることだけをやる…無限の純粋な爆発なんだ」。したがって、Coleが「意見より質」のために試したのは、マイルス・デイビスなどのジャズアイコンに加え、グスタフ・マーラーやギョルジ・リゲティなどの境界を押し広げる作曲家、スウェーデンのエクストリームメタルバンドMeshuggah、Morten Lauridsen(音楽著名教授、アメリカの合唱マスター)、スーパーマリオカートなどである。「このアルバムには連続した物語の糸はなく、それぞれの曲が私の人生と時間におけるそれぞれの瞬間を表現しています」とLouisは説明する。「喜びや痛み、そして自分の周りの人生から何かを引き出そうとする絶え間ない使命感からインスピレーションを受けたんだ」。

新曲”I’m Tight”は、今月初めにリリースされた「時代を超えたモダン・パワーバラードの傑作」である”Let it Happen”のすぐ後に到着したものである。それに対して”I’m Tight”は、抗しがたいベースラインを基調とした、洗練されたファンク・ロケットだ。「この曲は、私が約100種類のファンクの細胞を録音し、その中から好きなものを選んで曲にしたものです」とLouisは言う。「この曲のためにベースパートを何度も練習したんだ」と彼は微笑む。

YouTubeで10年にわたり演奏動画を公開してきたColeは、その卓越した音楽性と奇抜なスタイルを評価する熱心なファンを増やしてきた。ドラム、ベース、キーボード……彼は修行僧のような姿勢で練習に励み、自分の芸術を完成させる。Thundercatは彼を「ロサンゼルスで最も偉大なミュージシャンの一人」と評し、今年初めには彼の日本ツアーにドラムで参加するよう誘った。二人は、Thundercatのグラミー受賞アルバム It Is What It Is に収録されている、その名も”I Love Louis Cole”、”Bus in the Streets”と”Jameel’s Space Ride”(Thundercatの2017年作品 Drunk 収録)、Louisの2018年アルバム Time の”Tunnels in the Air”などで頻繁に共に作曲している。Flying Lotusも、2019年のアルバム Flamagra の執筆中にLouisを「超インスピレーション」と呼び、賞賛の意を表明している。

絶え間なくツアーを行うルイは、最後のUKツアーでロンドンのEartH Hackney(1kキャップ)での2公演をソールドアウトさせた。また、North Sea Jazz Festival、Montreal Jazz Festival、Newport Jazz Festival、Rock En Seine、Jazz a Vienne、Jazz à la Villette、Wonderfruit、Vancouver Jazz Festival、Maiden Voyageなどにも出演している。昨年は、グラミー賞を受賞したジュール・バックリー指揮のMetropole Orkestとこれまでで最大のコラボレーションを行い、オランダで一連のユニークな公演を行い、2023年にはさらなる公演が予定されている。今年10月には、彼のビッグバンドとともに全米ツアーを行う予定である。

https://louiscole.bandcamp.com/album/quality-over-opinion

“I’m Tight”

“Let It Happen”

Louis Cole – Quality Over Opinion

Listen: Apple Music Spotify Bandcamp

Label: Brainfeeder

Release Date: 2022/10/14

Tracklist:

1. Quality Over Opinion
2. Dead Inside Shuffle
3. Not Needed Anymore
4. Shallow Laughter
5. Bitches (feat. Sam Gendel)
6. Message (feat. Chris Fishman & Nate Wood)
7. Failing in a Cool Way
8. Disappear
9. I’m Tight
10. True Love
11. Planet X
12. Let Me Snack (feat. Marlon Mackey)
13. Forgetting
14. Park Your Car on My Face
15. Don’t Care (feat. Genevieve Artadi)
16. Laughing in Her Sleep
17. Outer Moat Behavior
18. When (feat. Kurt Rosenwinkel)
19. Let it Happen
20. Little Piano Thing

Tagged