Joseph Stevens を中心とするLAのシューゲイズ/ドリームポップ・バンド、Peel Dream Magazine がニュー・アルバム Pad を10/7にリリースする。2020年の Agitprop Alterna に続く3rdアルバムとなり、Slumberland / Tough Loveからリリースされる。

「自分のPadを夢で見たかどうかもわからない」。

Peel Dream Magazineとしての3枚目のアルバムで、Joseph Stevensは完全に彼自身がデザインしたファビュラスでジグザグな世界に向かってあなたを手招きしている。Pad では、過去のインディーポップのようなファジーな魅力はなく、ビブラフォンが震え、チェンバーストリングスが主役となる。カーテンが上がるとバンジョーが現れる。チャイム。ファルフィサ。そして、アルバムのタイトル曲で彼がうめき声を上げると、これは普通の演奏ではないことが明らかになる。自分しかいないのに自分を見失うというコンセプチュアルな作品 Pad は、Stevens自身の存在を再構築することで、ポップ・ネームの新しい未来に向けた刺激的なジェスチャーを表現している。

2020年にリリースされたアルバム Agitprop Alterna に続く本作では、34歳のソングライターであるStevensが同年、激動のロサンゼルスに移住し、サウンド面で大きな進化を遂げたことが示されている。70年代のドラムマシンとシンセサイザーはそのままに、オフセットギターをナイロン弦に持ち替え、ボッサ、フォーク、そして独自の不気味な神秘主義に彩られた優しいバロックポップ・サウンドに仕上がっている。Burt Bacharachのようなミッドセンチュリーを代表するアーティストに加え、Stevensは1960年代後半のBeach Boysのカルト的な人気を得て、ビンテージオルガンとファウンドパーカッションのシュールなメランジを提供し、さらにHarry Nilssonの1970年のソングタペストリー”The Point!”にも言及している。

そして、”The Point!”と同様に、Pad は孤立とアイデンティティを反映したコンセプチュアルな作品だ。このアルバムは、Harry Nilssonがバンド仲間にPeel Dream Magazineから追い出され、追放され、目的もなく、バンドに戻るために旅に出るというベッドタイムストーリーになっている。例えば、”Self Actualization Center”では友人で頻繁にコラボレートしているWinterと共演するなど、不運な出来事が続く。しかし、この作品は、主人公が不協和音のテクスチャーや、くすぐるようなピープ音やブループ音でイージーリスニングの境界線を探るような、それ自体が純粋に楽しい音楽でもある。”Pictionary”のような曲は、不吉な意図を持って繊細に鳴り響き、明白なModのパレットを呼び起こす。また、”Pad”はStereolabやThe High Llamasのスペースエイジバチェラーを思い起こさせ、トロピカリア伝説のOs Mutantesから引用したオカルト的なひねりを加えている。

この Pad は、Stevensのこれまでのアルバムに見られる、厳しくドローンの効いたモータリックなサウンドとは対照的な、浮世離れした軽快さがある。当時の政治的混乱に圧倒された彼は、Van Dyke Parksが1960年代の反体制的な音楽と呼んだものを再構築し、軽率な逃避と鋭い破壊の境界線をあいまいにしている。「このレコードを作る以外に、起こっていることに正直に反応する方法はないと思ったんだ」。このアルバムでは、同時代のライブラリー・ミュージックも活用し、Basil KirchinやPierro Piccioni、そして本業である広告音楽の作曲で培ったStevensの新しい編曲技術などを思い起こさせるような効果もある。

Pad は美しいが、どこか暗さを感じさせる。Stevensは、パンデミック発生時にニューヨークにいたこともあり、私たちが知っているすべてのものの未来に対するアンビバレンツな気持ちを表現している。”Hiding Out”では、彼はこう嘆いている。「バーノンモールを過ぎてクイーンズボロ橋までぶらぶら歩いて、自分が2フィート小さいと感じさせられたが、それでは生きていけない」。結局のところ、Stevensは、自分の人生の物語の空想的な要素に寄り添いながら、最初に考えたことを一番に考えるというアプローチを採っている。Pad は、奇妙であると同時に典型的なものであり、その定義づけを求める境界線を曖昧にする。芸術は人生を模倣するが、人生もまた芸術を模倣し、その結果は時に予測不可能なものとなる。Stevensは “Jennifer Hindsight”で次のように語っている。

「Jennifer Hindsight、君は僕の計画を打ち砕いた。君は手を振って、僕の人生を変えたんだ」。

https://www.slumberlandrecords.com/catalog/show/360

“Pad”

Peel Dream Magazine – Pad

Listen: Apple Music Spotify Bandcamp

Label: Slumberland / Tough Love

Release Date: 2022/10/7

Tracklist:

1. Not In The Band
2. Pad
3. Pictionary
4. Wanting And Waiting
5. Self-Actualization Center
6. Walk Around The Block
7. Hamlet
8. Penelope’s Suitors
9. Hiding Out
10. Jennifer Hindsight
11. Reiki
12. La Sol
13. Message The Manager
14. Roll In The Hay
15. Back In The Band

Tagged