フィラデルフィアを拠点とする4人組アート・ロック・バンド、Palm がニュー・アルバム Nicks and Grazes を10/14にリリースする。2018年の前作 Rock Island に続く約4年振りのニュー・アルバムとなり、日本のポップ・ミュージック、ダブ、フットワークなどから影響を受けたとされる作品。Saddle Creek からリリースされる。

Palmのライブパフォーマンスは、目に見えない精神的なレベルで、論理では説明できない直感をメンバーが共有しているように感じられ、その不思議なシンクロニシティで尊敬を集めている。しかし、フィリーを拠点とするバンドが成長し、結成当初の汗臭い地下室でのライブやセルフ・ブッキング・ツアーから移行するにつれ、このような激しい共生を維持するためのコストが発生し始めた。Eve Alpertは、「以前はPalmをひとつの有機体、ひとつのまとまったシステムとして考えていました。このバンドが成長するためには、全体を創り上げる小さな部品である自分たちを大切にしなければならないと、今になって気付いたんだ」と話す。

部分と全体を混同することは、Palmでは避けられない。ドラマーのHugo Stanley、ベーシストのGerasimos Livitsanos、ギタリスト兼ボーカリストで高校時代の恋人でもあるAlpertとKasra Kurtは10代の頃に一緒に音楽を作り始め、20代の大半をバンドのツアーと国際宇宙ステーション以外の大人には珍しい近さで過ごしている。何年もの間、バンドはメンバーの生活を疲弊させるほど消費していた。「正直なところ、少し疲れてしまったと思う。少し燃え尽きてしまったんだ。次のアルバムを作るかどうか、はっきりしない時期もあった」とAlpertは言う。ツアーはもちろん、作曲やリハーサル、そしてお互いに会うことさえも一時中断せざるを得なくなった。

最新作 Nicks and Grazes では、Palmは不和を受け入れ、まばゆいばかりの効果を上げている。「私たちは、潜在的に相反する2つの美学を調和させたかったのです」とKurtは言う。「私たちのライブの自発的で自由なエネルギーと、伝統的なエレクトロニックミュージックのパレットの要素を融合させること」。Kurtの言う「Palm goes electro」を避けるため、ミュージシャンは何年もかけてAbletonを学びながら制作の裏表を学び、同時に自分たちの楽器の「パーカッシブ、テクスチャー、ジェスチャーの可能性」を実験してきたのだ。この目的のために、バンドは古くからの伝統である楽器のプリパレーションを続け、ギターをドラムスティックや金属棒で補強し、Charles Bullen (This Heat, Lifetones) の提案で、ゴム被覆の園芸用ワイヤーを弦に巻き付けた。”Mirror Mirror “や “Eager Copy “などの曲でのプリペアド・ギターの不規則さは、アルバムのエレクトロニクス要素の不動の再現性と対照をなしている。

Palmは、このアルバムのサウンドパレットに影響を与えたものとして、日本のポップミュージック、ダブ、フットワークを挙げているが、彼らは、10年以上前にグループを始めるきっかけとなったアーティストに何度も立ち返っていることに気づいたという。「バンドを始めたばかりの頃、ヘビーでアグレッシブでノイジーな音楽が好きなことで意気投合したんだ」とAlpertは振り返る。「俺たちは、ただひたすらストレートにメタルなパートを書いたんだ。カートは、「Palmの初期の重要な影響源であるグレン・ブランカ、ザ・フォール、ビーフハート、ソニック・ユースの音楽におけるギターの内臓的でギザギザした質を再発見し、再び惚れ込むようになったんだ」と付け加えている。基本に立ち返ることで、Palmは自由に実験できる強固な基盤を手に入れ、その結果、これまでで最も野心的で啓示的なアルバムに仕上がった。

「音楽は物事についてではない。音楽とは物事である」とリチャード・パワーズは小説『オルフェオ』の中で書いている。Nicks and Grazesの制作中、Palmは練習場で何日も何ヶ月もかけて一緒に曲を作り上げながら、この言葉を指針とすることに気づいた。一つのストーリーはまだ見えないが、スタンレーはサンプルの使い方にメンバーの個人的、集団的な経験の響きを指摘している。スペインでのツアー中の会話の断片、フィリーの高校のマーチングバンドの早朝練習の音、Palmの友人Paco CathcartがThe Cradleとして演奏する際の屈折した残響などは、バンドが新しい共同体験を生み出すために楽器に取り入れた日々の音の断片の一例に過ぎないのである。このアルバムのタイトルトラックはその典型的な例で、Andereggはバンドの異なるフィールドレコーディングを組み合わせて、日記的な万華鏡のようなサウンドを作り出した。「私たちは常に自分たちの心を動かす音を追い求めているんだ」とStanleyは言う。「ある意味、このレコードは僕らの人生の断片を寄せ集めて作ったものなんだ」。

https://saddle-creek.com/collections/new-releases/products/nicks-and-grazes

“Feathers”

Palm – Nicks and Grazes

Listen: Apple Music Spotify Bandcamp

Label: Saddle Creek

Release Date: 2022/10/14

Tracklist:

1. Touch and Go
2. Feathers
3. Parable Lickers
4. Eager Copy
5. Brill
6. On The Sly
7. And Chairs
8. Away Kit
9. Suffer Dragon
10. Mirror Mirror
11. Glen Beige
12. Tumbleboy
13. Nicks and Grazes

Tagged