LAを拠点とするシンガーソングライター、Skullcrusher がデビュー・アルバム Quiet the Room を10/14にリリースする。2021年のEP Storm in Summer に続く作品となり、コラボレーターであるNoah Weinman とプロデューサーのAndrew Sarlo と共に制作された。Secretly Canadian からリリースされる。

Helen Ballentine による初のフルアルバム Quiet the Room は、窓が開き、障壁が溶けていくような音である。この14のトラックを通して、外の世界が染み込み、内側の世界が這い出てくる。その結果、私たちが世界に姿を現すために、自分自身の肉体的・精神的な領域を通して行う旅を反映した、見事で静かな感動を呼ぶ作品に仕上がった。

2021年の夏にアルバムを書きながら、Ballentine は幼少期に住んでいたニューヨーク州マウント・バーノンからインスピレーションを得た。彼女が Quiet the Room で捉えようとしたのは、よく描かれるような子供時代の無邪気さではなく、その強烈な複雑さだった。過去と現在がエッシャーのように融合し、ファンタジー、マジック、ミステリーの要素が盛り込まれた夢のような空間が広がっている。音楽的には、銅が腐食していく様子のタイムラプスのように、重厚さと儚さを同時に感じさせるサウンドに変換されている。

エレクトロニック、アンビエント、フォーク、ロックが無理なくブレンドされたサウンドを実現するため、Ballentineと彼女のコラボレーターであるNoah Weinman は、プロデューサーに Andrew Sarlo を迎え、Ballentineの故郷に近いニューヨーク州北部のChicken Shack スタジオでレコーディングを行った。「どの曲にも、小さな輝きと同時に、崩れそうな感覚を持たせたかった」と彼女は言う。リード・シングルの “Whatever Fits Together”では、不安な瞬間が沸き起こり、やがて平和な瞬間が訪れる。”It’s Like a Secret”では、Ballentineは、誰も私たちの内面を完全に知ることはできず、お互いを理解することは障壁を越えて自分の一部を置き去りにすることだと認識し、人とつながり、人を受け入れることに苦闘しています。しかし、エンディング・トラックの “You are my House “では、彼女は手を差し伸べる方法を見つけている。「あなたは私の部屋の壁と床」と、彼女は完璧で希望に満ちたハーモニーで歌う。

アルバム・ジャケットが誘うように、これらの曲はドールハウスの曲で、私たちは巨大な目を曲げて、Ballentine が作り出したラミネートでできた光り輝く世界を覗き込む。まるで子供が鋭い棘のある場所にシェルターを作るように、彼女は美と恐怖が同じ場所に存在しうることを思い出させてくれる。子供時代の複雑さは見過ごされがちだが、このプライベートかつ寛大な歌を通して、彼女は私たちの最も古い記憶に新たな重みを与え、私たちのために枠を広げ、窓さえ開けてくれるのだ。

– by Nandi Rose (Half Waif)

https://secretlycanadian.com/record/quiet-the-room/

“It’s Like a Secret”

“They Quiet the Room”

“Quiet the Room”

“Whatever Fits Together”

Skullcrusher – Quiet the Room

Listen: Apple Music Spotify Bandcamp

Label: Secretly Canadian

Release Date: 2022/10/14

Tracklist:

01 They Quiet the Room
02 Building a Swing
03 Whatever Fits Together
04 Whistle of the Dead
05 Lullaby in February
06 Pass Through Me
07 Could It Be the Way I Look at Everything?
08 Outside, Playing
09 It’s Like a Secret
10 Sticker
11 Window Somewhere
12 (Secret Instrumental)
13 Quiet the Room
14 You are My House

Tagged