UK/マンチェスターを拠点とするロック・バンド、The 1975 がニュー・アルバム Being Funny In A Foreign Language を10/14にリリースする。2020年の前作 Notes On A Conditional Form から約2年振りの5thアルバムとなり、Jack Antonoff が共同プロデュースで参加。Dirty Hit からリリースされる。

The 1975がニューアルバム Being Funny In A Foreign Language を10月14日にDirty Hitよりリリースする。

バンドにとって5枚目となるこのアルバムは、Matthew HealyとGeorge Danielによって書かれ、イギリスのウィルトシャーにあるReal World StudiosとニューヨークのElectric Lady Studiosでレコーディングされたものである。

2002年にマンチェスターで結成されたThe 1975は、その独特の美学、熱烈なファンベース、ユニークなサウンド・アプローチにより、同世代を代表するバンドのひとつとしての地位を確立している。

バンドの前作である2020年の Notes On A Conditional Form は、4作連続で全英No.1アルバムとなった。2017年と2019年のブリット・アワードで「ベスト・グループ」に輝いたバンドは、2020年にNMEの「バンド・オブ・ザ・ディケイド」にも選ばれている。また、3枚目のスタジオ・アルバム A Brief Inquiry Into Online Relationships は2019年の授賞式で「Mastercard British Album of the Year」を受賞している。

https://store.dirtyhit.co.uk/format/1073265-bfiafl-vinyl-tee-set-signed-postcard

“All I Need To Hear”

“I’m In Love With You”

“Happiness”

“Part Of The Band”

The 1975 – Being Funny In A Foreign Language

Listen: Apple Music Spotify

Label: Dirty Hit

Release Date: 2022/10/14

Tracklist:

1. The 1975
2. Happiness
3. Looking For Somebody (To Love)
4. Part Of The Band
5. Oh Caroline
6. I’m In Love With You
7. All I Need To Hear
8. Wintering
9. Human Too
10. About You
11. When We Are Together

Tagged