UK/サウスロンドンのポストパンク・バンド、Dry Cleaning がニュー・アルバム Stumpwork を10/21にリリースする。2021年のデビュー・アルバム New Long Leg に続く2ndアルバムとなり、前作に引き続きプロデューサーの John Parish、エンジニアの Joe Jones と共に制作された。4AD からリリースされる。

2021年の New Long Leg に続く Dry Cleaning の Stumpwork は、2022年10月21日にリリースされる予定。 サウス・ロンドンを拠点とするこのグループの初のスタジオ・アルバムは、象徴的なロックフィールド・スタジオでプロデューサーの John Parish と共にわずか2週間でレコーディングされ、批評的にも商業的にも大きな成功を収め、全英アルバム・チャートで4位を獲得、あらゆるところで2021年のベスト盤投票にフィーチャーされることとなった。 その成功に後押しされ、Nick Buxton(ドラム)、Tom Dowse (ギター)、Lewis Maynard(ベース)、Florence Shaw (ボーカル)は2021年末にウェールズの田舎に戻り、Parish とエンジニアの Joe Jones と再びコンビを組んだ。 同じスタジオで同じチームと信頼関係を築いたことで、偽者症候群と不安は、既にある荒々しい音のパレットを超えて探求する新鮮な自由と開放感、創造的なビジョンへの新たな自信に取って代わられた。 スタジオにいる時間が長くなったことで、実験し、即興し、遊び、卓球の腕を磨く時間が生まれた。

Stumpwork は、実存的な絶望を反映したアンビエント・エレメントの氷のような混乱や、昨年亡くなった愛する人の命を祝う驚くべき暖かさなど、様々な出来事やコンセプト、政治的混乱にインスパイアされている。 シュルレアリスム的な歌詞は相変わらずだが、家族、お金、政治、自虐、官能といったテーマに対する感性は今、より高まっている。 ジャングル・ポップやアンビエント・ノイズと融合した激情的なアルトロック・アンセムは、バンドが受けた豊富な影響力と深い音楽性を示している。 デビュー・アルバムのプレッシャーに負けず、Dry Cleaning は野心的で深みのある作品を作り上げ、UKから生まれた最も知的で刺激的なアーティストの一人としてマークされている。

アルバムとシングルのアートワークは、様々な分野のアーティストRottingdean Bazaar と写真家 Annie Collinge によって考案・作成された。 Rottingdean Bazaar の James Theseus Buck と Luke Brooks は Dry Cleaning と初めて仕事をし、”Scratchcard Lanyard” の公式ビデオを監督した後、バンドとのクリエイティブなパートナーシップを継続し、Stumpwork のために見事にユニークなビジュアル・アイデンティティを作り上げた。

https://4ad.com/releases/978

“Don’t Press Me”

Dry Cleaning – Stumpwork

Listen: Apple Music Spotify Bandcamp

Label: 4AD

Release Date: 2022/10/21

1. Anna Calls From The Arctic
2. Kwenchy Kups
3. Gary Ashby
4. Driver’s Story
5. Hot Penny Day
6. Stumpwork
7. No Decent Shoes For Rain
8. Don’t Press Me
9. Conservative Hell
10. Liberty Log
11. Icebergs

Tagged