NYブルックリンのシンガーソングライター、Nicole Schneitによるプロジェクト Air Waves がニュー・アルバム The Dance を9/9にリリースする。2018年の前作 Warrior に続く4thアルバムとなり、アルバムには、Cass MccombsLuke TempleRina MushongaFrankie Cosmos 他多数のゲスト・ミュージシャンが参加。Fire からリリースされる。

フックの効いた忘れられないメロディー、深くダンサブルなグルーヴの上を滑るように進み、Air Wavesの生来の思いやり、簡潔さ、不思議なポップセンスが常に随所で光っている。美しくシンプルで、即座にアクセスでき、完全に中毒性のある傑作だ。フィーチャリングはCass Mccombs、Skyler Skjelset (Fleet Foxes, Beach House)、Luke Temple、Brian Betancourt (Hospitality, Sam Evian)、Rina Mushonga、Frankie Cosmos、Lispector、David Christian, Ethan Sass, and Ben Florencioだ。

The Dance は、3年間日の目を見るのを待っていた。そして今、2022年の広がる光の中で瞬き、微笑みながら、これまで以上に必要とされ、必要とされながらも、喜びも感じている私たちの前に現れている。このアルバムは、レコーディング時の曲のスナップショットであると同時に、重要なのは、その間にNicoleが、同じ考えを持つ数人のコラボレーターと共に、リモートかつバーチャルに作成したアレンジを追加していることだ。その結果、Air Wavesは最もフレッシュでのびのびとした、それでいて完成度の高いアルバムに仕上がった。

Nicole Schneitは2009年に、Guided By Voicesの曲にインスパイアされたAir Waves名義で初のインディーズ・アルバムをリリースした。その後の2010年の Dungeon Dots (同じくブルックリン出身のSharon Van Ettenがゲスト・ボーカルとして参加)、2015年の Parting Glances、2017年の素晴らしいWarrior といったアルバムは、緩く集中し、和やかだが驚きのあるポップというSchneitのヴィジョンを結晶化させたものだ。The Dance はその軌跡を引き継いでいるが、Schneitが彼らの音楽をより流動的な空間と動きの感覚に開き、同時に個人と政治の間で、俳句のような直接的さと提案で具体から普遍へと叙情の目を保ち続けていることを発見した。

私たちが今必要としている連帯感、強さ、ロマンス、ムーブメントにとって、Air WavesのベストアルバムであるThe Dance 以上のサウンドトラックはないだろう。

https://airwaves.bandcamp.com/album/the-dance

“The Dance”

Wait”

Air Waves – The Dance

Air Waves – The Dance

Listen: Apple Music Spotify Bandcamp

Label: Fire

Release Date: 2022/9/9

Tracklist:

  1. The Roof (feat. Luke Temple & Rina Mushonga)
  2. The Dance
  3. Star Earring (feat. Lispector)
  4. Alien (feat. Cass McCombs)
  5. Black Metal Demon (feat. Frankie Cosmos & Merce Lemon)
  6. Treehouse
  7. Wait
  8. The Light
  9. Peer Peer
Tagged