テキサス州オースティンのインディー・ロック・バンド、Why Bonnie がデビュー・アルバム 90 in November を8/19にリリースする。2020年のEP Voice Box に続く作品となり、Tommy Reedとバンドの共同プロデュース作。Keeled Scales からリリースされる。

テキサス出身の5人組、Why Bonnieの1stフルアルバム 90 in November は、フィードバック音とディストーションギターの炸裂音で幕を開ける。ベッドルームのドリーム・ポップから洗練されたロックへと成熟したバンドの、より生々しいインディー・サウンドへのダイナミックな導入であり、その進化したサウンドは、この鮮やかに描かれた曲のコレクションでソングライターのBlair Howertonが行った旅の反映でもある。

ソングライターであるHowertonは、同じテキサス出身のTownes Van ZandtやBlaze Foley、Lemonheadsやthe Replacementsのオルタナティヴ・ロック、Sparklehorseのエキセントリックなポップに親しみを持っており、その結果生まれたのが、このアルバムだ。90 in November は、ノスタルジアの痛みと喜びについての瞑想であり、私たちを形成してきた人々、場所、経験を振り返る方法を学ぶための教訓であり、ありのままの正直さとバラ色のメランコリーの両方を受け入れる余地がある。90 in November は、「自分の過去と折り合いをつけて、甘いものも苦いものもすべて受け入れる」ことをテーマにしていると、Howertonは言う。

90 in November の曲のほとんどは、2019年にHowertonがオースティンから移り住んだニューヨークのブルックリンで書かれたものだ。すでに人生の大きな変化の真っ只中にあったHowertonは、検疫が始まり、他の多くの人と同じように、テキサスの広々とした空間から可能な限り遠く離れたアパートに閉じ込められていることに気づき、世界の間にいるという感覚をさらに強くした。そのような環境の中で、彼女は新しい家を建てることと、置き去りにした家の意味を理解しようとすることに関連する、複雑で混ざり合った感情を解析して曲を書き始めたのである。

その結果、90 in November はHowertonの内面世界を巡る旅であると同時に、テキサスを巡るロードトリップでもある。しばしば、その両方が同時に表現される。曲は詩的で映画のような歌詞に満ちており、ローンスター・ステートを横切る州間高速道路を走る車の窓から垣間見えるカラフルなシーンのように、それぞれがHowertonの経験の異なる面を明らかにする道しるべとなるのである。

https://whybonnie.bandcamp.com/album/90-in-november

“Sailor Mouth”

“Hot Car”

“90 In November”

“Galveston”

Why Bonnie – 90 in November

Why Bonnie – 90 in November

Listen: Apple Music Spotify Bandcamp

Label: Keeled Scales

Release Date: 2022/8/19

Tracklist:

  1. Sailor Mouth
  2. Galveston
  3. Nowhere LA
  4. Hot Car
  5. Silsbee
  6. 90 In November
  7. Healthy
  8. Sharp Turn
  9. Lot’s Wife
  10. Superhero
Tagged