The xxOliver Sim がソロ・デビュー・アルバム Hideous Bastard を9/9にリリースする。ホラー映画への愛と自身の人生経験からインスピレーションを得て、恥、恐怖、男らしさというテーマを掘り下げた作品で、バンドメンバーの Jamie xx がプロデュースを担当。Young からリリースされる。

アルバム Hideous Bastard の制作の初期に、自分が恐怖と恥についてたくさん書いていることに気付いたんだ。

しかし、近年、私はこれらの感情に対する最良の解毒剤は、それらを表面化させ、それに光を当てることであると固く信じているのです。

このアルバムは、くよくよするために書いたのではなく、私が長い間感じてきた恥や恐怖から自分を解放するために書いたんだ。というのも、このアルバムを書き、レコーディングするという経験は、私にとっての恐れや恥とは全く逆のものだったからです。

このアルバムの3分の2が終わったとき、私が最も恐れと恥を感じていることのひとつを、ずっと考えていたことに気がつきました。HIVの状態のことです。17歳のときからHIVとともに生きてきて、その頃から大人になるまで、自分自身に対してどう感じてきたか、他人からどう思われてきたか、そのことに翻弄されてきたんだ。

だから、かなり衝動的に、”Hideous”という曲でそのことを書いたんだ。それを世に放ち、終わりにしようと思ったんだ。その曲を母に聴かせたところ、母は私を守ってくれる賢い母親で、これまで受けた中で最高のアドバイスをくれたんです。彼女は、まず私の人生に関わる人々と会話する時間を持つことを提案しました。まだ話していない人、あるいは話したことはあるけれど、それ以上話したくない人。”Hideous”を書いて以来、この2年間はそうした会話をすることに費やしてきました。最初は難しく、居心地が悪かったのですが、今ではずっと自由を感じることができ、自分自身と人生の人々との関係も強まるばかりです。

特に、Jimmy Somervilleとの関係は、特別なものでした。”Hideous”では、曲の中に守護天使を登場させ、私が聞くべき言葉を歌ってほしいと思っていました。ジミーは何十年もの間、HIVとAIDSに関するパワフルな声を発してきただけでなく、文字通り天使のような声を出している。私は完全なファンボーイとして彼にコンタクトを取りましたが、今では本当の親友だと考えています。彼は、自分のために歌を作ることを勧めてくれました。彼は、「グラマー」がスコットランドの言葉であることを教えてくれた。そして、最も重要なことは、自分自身をあまり真剣に受け止めすぎないように、そうすると良いことはないんだよ、と教えてくれたことです。

“Am I Hideous? “は、今、私が世界に問いかけているようなものではないと感じます。答えはわかっています。まだ怖い気もしますが、この音楽を皆さんと共有できることに興奮していますし、皆さんが楽しんでくれることを願っています。

愛をこめて、Oliver XX

https://www.instagram.com/p/Cd5zSNQtyR7/?igshid=YmMyMTA2M2Y=

“Hideous (feat. Jimmy Somerville)

“Fruit”

“Romance with a Memory”

Oliver Sim – Hideous Bastard

Oliver Sim – Hideous Bastard

Listen: Apple Music Spotify Bandcamp

Label: Young

Release Date: 2022/9/9

Tracklist:

1. Hideous (feat. Jimmy Somerville)
2. Romance with a Memory
3. Sensitive Child
4. Never Here
5. Unreliable Narrator
6. Saccharine
7. Confident Man
8. GMT
9. Fruit
10. Run The Credits

Tagged