カナダ/トロントのインディー・ロック・バンド、Kiwi jr. がニュー・アルバム Chopper を8/12にリリースする。2021年の Cooler Returns に続く3rdアルバムとなり、Dan Boeckner (Wolf Parade, Handsome Furs) がプロデュースを担当。Sub Pop からリリースされる。

Kiwi Jr.のサード・アルバム Chopper は、信頼できるパイロット、Dan Boeckner (Wolf Parade, Handsome Furs) が監修し、名高いSub Pop Recordsからリリースされる。モンキーズが『ブレードランナー』に出演するように、マイケル・マンが『原始のマン』を監督するように、夜行性の首長族となった地元のKiwi jr.は、デジタル崖からネオン飛行をする。10曲のシンセサイザーのきらめき、禅の銅鑼と庭木の剪定機。ハイウェイ沿いの看板には「LESS BAR, MORE NOIR AHEAD」と書かれている。ああ、あの夏の終わり、ジョー・ストラマー、ホーム・オン・ザ・レンジ・ローバー・ブルース。

飛行のあらゆる形態にはメランコリーがあり、Choprer から見える景色は、ミッション指向でステルスと自己実現の両方を実現する、限りなく霞んだものだ。このアルバムは、明らかに(しかしほとんど密かに)アンチパティオ、日焼け止め、ビーチボーイズのバチェラークルーズでの歌謡曲である。確かに、これらの曲はブラインドから少し光を通すが、不眠症、腐敗した市長、ケネディの呪い、セックステープ、そして鹿のライフルを刺すのである。Choprer は、油汚れ、フィルムグレイン、サーチライト、夜間飛行など、大きな出来事を俯瞰したもので、まさに夜の風物詩だ。それは筋肉質でありながらもろく、騒々しいが静かである。観察者であると同時に、なぜか観察される光景そのものでもある。

だらだらとした段階では緩んでいたものが、ラッカーで艶を出すことによって張りが出てきた。ボスは殺され、手先は昇進した。Boeckner がおなじみの楽器に手を伸ばすたびに高電圧のショックを与える中、Kiwi Jr.はストリングスマシンの歌、シンセサイザーによるオブラート、そして地域のソプラノ歌手Dorothea Paas (US Girls, Badge Epoch Ensemble) のDentyne Classic Mentholボーカルでパレットを広げ、最初から欠けていたピースを取り戻したかのような作品だ。

Kiwi jr. は、フラスコ、アビエーター、カーゴショーツと同様に、Choprer を新しい空間に持ち込み、技術を非武装化させた。上空では優雅だが、Choprer が着陸すると、地上は大混乱に陥る。 Kiwi jr. は、”Look Out!”と叫ぶ。近づいてきたら帽子が吹っ飛ぶぞ。

ベイビーたち、帽子につかまっていてね。

https://www.subpop.com/artists/kiwi_jr

“Unspeakable Things”

“Night Vision”

Kiwi jr. Chopper

Kiwi jr. Chopper

Listen: Apple Music Spotify Bandcamp

Label: Sub Pop

Release Date: 2022/8/12

Tracklist:

1. Unspeakable Things
2. Parasite II
3. Clerical Sleep
4. Night Vision
5. The Extra Sees the Film
6. Contract Killers
7. The Sound of Music
8. Downtown Area Blues
9. Kennedy Curse
10. The Masked Singer

Tagged