LAのエレクトロ・ポップ・トリオ、MUNA がセルフタイトルのニュー・アルバムを6/24にリリースする。2019年の前作 Saves the World に続く3rdアルバムとなり、アルバムには Phoebe Bridgers をフィーチャーしたシングル”Silk Ciffon”も収録。Phoebe Bridgers が主宰する Saddest Factory からリリースされる。

MUNAは魔法だ。2021年という見捨てられた年をスパングルとポンポンで刻印し、人生で最も不安な時期に「人生はとても楽しい、人生」と歌わせる(そしてたぶん信じさせる)ことができるバンドが他にあるだろうか。バンドの新レーベル代表 Phoebe BridgersフィーチャーしたMUNAのカルト的大ヒット曲”Silk Chiffon”は、パンデミックから1年半を経た灰色の空に、二重の虹のように降り注いだ。リード・シンガーソングライターのKatie Gavin、ギター兼プロデューサーのNaomi McPherson、ギタリストのJosette MaskinがUSCで一緒に音楽を作り始めて以来、彼らは常に痛みを憧れの基盤、成長の一部、そして限界的経験の固有の要素として受け入れてきた。バンドのメンバーはクイアや少数民族コミュニティに属し、何よりもこれらの仲間のために演奏する。しかし、MUNAにとって、10年近くにわたる友情と、パンデミックに起因する自己破壊の長期間の後では、時として、最も過激な音は至福の音となるのである。

バンドのセルフタイトル3rdアルバム MUNA は、自分たち以外には何も証明するものがないバンドが、力強く、じっくりと、次元の高い作品を作り上げた画期的な作品である。”What I Want”のシンセはRobynのダンスフロア用アンセムのようにきらめき、”Anything But Me”は12/8で疾走し、80年代のネオンをまとったShania Twainを思わせる。”Kind of Girl,は、The Chicksのコーラスのように高く、悲しげに、親友と最大音量で歌いたいと懇願するような曲。McPhersonとMaskin のアレンジとプロダクション、そしてGavin のソングライティングの両面において、新たな創造性と技術的な能力が発揮されている。ディスコボールが壁一面に輝き、汗をかき、泣き、床に寝転び、誰とでもいちゃつくことができ、愛する人の前では無防備になり、自意識は喜びのうねりを鋭くするだけという場所。

https://muna.bandcamp.com/releases

“Home By Now”

“wKind Of Girl”

“Anything but Me”

MUNA – MUNA

MUNA – MUNA

Listen: Apple Music Spotify Bandcamp

Label: Saddest Factory

Release Date: 2022/6/24

Tracklist:

1. Silk Chiffon (feat. Phoebe Bridgers)
2. What I Want
3. Runner’s High
4. Home By Now
5. Kind Of Girl
6. Handle Me
7. No Idea
8. Solid
9. Anything But Me
10. Loose Garment
11. Shooting Star

Tagged