LAのシンガーソングライター、Christian Lee Hutson がニュー・アルバム”Quitters”を4/1にリリース。

Christian Lee Hutson – Quitters

LAのシンガーソングライター、Christian Lee Hutson がニュー・アルバム Quitters を4/1にリリースする。2020年の前作 Beginners に続く4thアルバムとなり、Phoebe Bridgers と Conor Oberst がプロデュースを担当した。Anti からリリースされる。

Christian Lee Hutsonのニューアルバム Quitters は、笑いから始まる。ANTIレコードのデビュー作 Beginners に続くこのアルバムで、Hutsonは成長することへの焦点から、年を取ることの恐怖と複雑さへと移行している。Quitters を発表する際の笑い声は、ジョン・ヒューストンの映画の最後に見られるような、諦めと解放を感じさせるもので、孤独な人々が鳥のように集まる場所、「カリフォルニア」という宇宙のような笑いがなぜか浮かんでくる。

Quitters の13曲の中で、Hutson は自分の出身地の肖像画を作り上げている。短編小説のような曲の中で、Hutson はこの黄金の光と不吉な地理を内に秘めた登場人物たちを表現している。海や火事でさえも、「いつかすべてを取り戻す 」とささやき続ける場所だ。子供時代が失われ、家がなくなり、二度と訪れることのできない、絶え間なく移り変わるロサンゼルス。しかし、Hutson の世界は、新しい誰かが通り抜けることを願い、わざとドアを開けたままにしておくという、幸福な偶然の世界でもある。最後に残るのは、未来の魂によって作られ、今の自分を慰めるために書かれたこれらの歌だ。

Phoebe Bridgers と Conor Oberst のプロデュースによる Quitters は、デビュー作のデジタル録音とは一線を画す作品でもある。Hutson は「Beginners を作ったときは、私が部屋でどのように曲を演奏するかをシンプルなデジタル録音にすることが目的でした」と述べている。「今回のアルバムでは、Phoebe Bridgers と Conor Oberst が、テープにしたら面白いんじゃないかというアイディアを持っていました。彼女は私の親友で、彼女と一緒に作った Beginners はとても心地よく、簡単だった。だから、また彼女と一緒にやりたかったんだ」「Beginners には長い時間をかけたよ」とハットソンは付け加えた。「Quitters の曲は短時間で書かれたため、歌詞に少し不安があったのですが、作詞家として本当に尊敬できるConor がいてくれたことで、私の不安を和らげてくれました」。

https://www.anti.com/artists/christian-lee-hutson/

“Rubberneckers”

“Strawberry Lemonade”

Christian Lee Hutson – Quitters

Christian Lee Hutson – Quitters

Listen: Apple Music Spotify Bandcamp

Label: Anti

Release Date: 2022/4/1

Tracklist:

1. Strawberry Lemonade
2. Endangered Birds
3. Rubberneckers
4. Sitting Up With A Sick Friend
5. Age Difference
6. Blank Check
7. Cherry
8. State Bird
9. Teddy’s Song
10. Black Cat
11. Creature Feature
12. OCDemon
13. Triple Axel