サンフランシスコのシューゲイズ・ポップ・バンド、Young Prismsが10年振りのニュー・アルバム”Drifter”を3/25にリリース。

Young Prisms – Drifter

サンフランシスコのシューゲイズ・ポップ・バンド、Young Prisms がニュー・アルバム Drifter を3/25にリリースする。2012年の前作 In Between から10年振りの3rdアルバムとなり、Shaun Durkan (Weekend, Soft Kill)がプロデュースを担当し、Heba Kadry (Slowdive, Bjork, Japanese Breakfast)がマスタリングを担当した。Fire Talk からリリースされる。

サンフランシスコのシューゲイザー、Young Prismsの10年ぶりのアルバム”Drifter”は、不確実性を受け入れることで安定性を見出すことができる作品だ。2009年に結成され、Mexican SummerからセルフタイトルのEPをリリースした後、Kanine Recordsから2枚のフルアルバム(2011年『Friends For Now』、2012年『In Between』)をリリースしたYoung Prismsは、内省的なシューゲイザーとゴージャスなギターのブレンドで、Radio Dept、Dum Dum Girls、A Place to Bury Strangers、Moon Duoといったバンドとツアーを行っていた時代に生まれたが、同世代のバンドが手にした商業的成功の高みには全く到達していない。”Drifter”の核となるのは、人間の経験であり、他の人やより良い生活を求めるスリルと激しさと、どんな形であれ家庭生活に安らぎを見出す静かな報酬との間のバランスを見つけることである。バンドが説明するように、リードシングルの中心的なコーラスである”I believe in you, honeydew”は、物事を修正することはできないが、自分を信じる方法を見つけ出すことは可能だと理解すると意味が変わってくるのだ。多くの点で、”Drifter”は帰郷のように感じられる。年を重ね、必ずしも期待通りの成長を遂げられないという流動性の中で、バンドはようやくプレッシャーから解放されたときに、余裕のある足場を見つけたのである。このアルバムは、うんざりするような時代の経過の中で、友人たちが互いのことを思い出しながら時間をかけて作り上げたものだ。「Drifterは、私の内なる悪魔を表面化させ、それほど悲観的でないものにする許可を与えてくれました。僕はもっと不自由な瞬間からインスピレーションを得がちだけど、成熟するにつれて、実用性の中に幸せを見出したし、その中にも源泉があるのかもしれないね」。

“Drifter”は2020年6月から2021年2月にかけて録音され、Shaun Durkan (Weekend, Soft Kill) がプロデュースを担当し、Heba Kadry (Slowdive, Bjork, Japanese Breakfast) がマスタリングを担当した。

https://firetalkrecs.com/shop/youngprisms-drifter

“Honeydew”

Young Prisms Drifter

Young Prisms – Drifter

Listen: Apple Music Spotify Bandcamp

Label: Fire Talk

Release Date: 2022/3/24

Tracklist:

1. Above Water
2. Yourside
3. Honeydew
4. This Time
5. Violet
6. If Ever Now
7. Melt Away
8. Outside Air
9. Self Love
10. Months Ago
11. Around
12. Flight