ニュージャージーのインディー・ロック・バンド、Pinegrove がニュー・アルバム”11:11″を1/28にリリース。

ニュージャージーのインディー・ロック・バンド、Pinegrove がニュー・アルバム 11:11 を1/28にリリースする。2020年の前作 Marigold に続く5thアルバムとなり、元Death Cab for Cutieのメンバーである Chris Wallaがミキシングを担当した。Rough Tradeからのリリースとなる。

Pinegroveのニューアルバム 11:11 は、文句なしの大成功を収めた。このアルバムは、人生の大きな困難な問題を問いかけながらも、温かさ、緊迫感、詩的な美しさを感じさせるフックのある曲でリスナーを魅了する。

これまでのPinegroveのレコーディングでは、バンドメンバーのSam Skinnerがミキシングを担当していたが、今回は、元Death Cab for Cutieのメンバーである著名なプロデューサー、Chris Wallaがミキシングを担当している。前作 Marigold のプロダクションを「メリハリがあってまとまっている」と評したHallは、Samと共同で「11:11」をプロデュースし、新曲ではより「散らかった」雰囲気を求めた。レコーディングのほとんどは、ハドソンバレーの2つのスタジオ(ウッドストックのLevon Helm StudiosとマールボロのThe Building)で行われ、最後の仕上げはシアトルでWallaと一緒に行われた。11:11 では、豊かなサウンドスケープ、オルガン、Megan Benaventeのメロディックで冒険的なベース演奏、Josh Marreの特徴的なギター演奏、そして特別ゲストとしてEvanの父親であるDoug Hallが多くのトラックでピアノを演奏している。このレコードは、親密でありながら広大なサウンドを実現している。

シンガーのEvan Stephens Hallは、「楽観主義、コミュニティ、自分たちが何者であるかを再確認すること、そしてお互いに気を配ることが私たちの義務であることに等しく時間を費やしています」と語っている。「怒り、愛、希望、そして悲しみ、このアルバムにはそのすべてが含まれています」。

冒頭のミニ・エピック・トラック”Habitat”は、堅牢なパーカッシブ・ギターに溢れ、不穏な動きに牽引された、2部構成のテクスチャー主義の傑作だ。もう1つの重要なトラックは”Alaska”だ。この曲は、密度の高い刺激的なギターロックで、地殻変動のような勢いでゲートから飛び出し、あらゆる場面でフックを誇る、ハッピーでゴージャスな曲。その後、爽やかで牧歌的なフォーク調の”Iodine”が絶妙なボーカル・ハーモニーで輝きを放ち、”Flora”は自然への謝罪を美しく表現している。その贅沢なカントリー・ロックは、Flying Burrito Brothersや初期のWilcoといった過去の名作につながっているように感じられる。

https://pinegrove.bandcamp.com/

“Alaska”

“Orange”

Pinegrove – 11:11

Label: Rough Trade

Release Date: 2022/1/28

Tracklist:

01 Habitat
02 Alaska
03 Iodine
04 Orange
05 Flora
06 Respirate
07 Let
08 So What
09 Swimming
10 Cyclone
11 11th Hour