カナダのシンガーソングライター、Charlotte Cornfield がニュー・アルバム”Highs in the Minuses”を10/29にリリース。

カナダのシンガーソングライター、Charlotte Cornfield がニュー・アルバム Highs in the Minuses を10/29にリリースする。2019年の前作 The Share of Your Name から約2年ぶりの4thアルバムとなり、Double Double Whammy / Polyvinyl からのリリースとなる。アルバムにはAda LeaのAlexandra Levy、SUUNSのLiam O’Neillらが参加。

2020年の大半を自分の考えや楽器と共に過ごしたシャーロット・コーンフィールドは、新曲を家の外に持ち出す時が来たことを知っていた。孤独に近い状態で何ヶ月もかけて自伝的なストーリーソングを書き上げた彼女は、スタジオでバンドがライブ演奏することですぐに再生する準備ができていたのだ。しかし、これは単なるパンデミックによる憧れではなく、長い間の願望だった。

カナダのシンガー、ソングライター、マルチ・インストゥルメンタリストの2019年のアルバム The Shape of Your Name は、憧れのポラリス・ミュージック・プライズのロングリストに選ばれるなど、広く称賛されていた。しかし、このアルバムは、一人で書き上げ、数年の間に発作的に入念にレコーディングした、ゆっくりとしたソロ作品だった。彼女はほとんどの楽器を演奏している。それは、コーンフィールドが子供の頃から捧げてきた音楽コミュニティの精神にとって、不真面目ではないにしても、実りの多い方法だった。故郷トロントの活気あるDIYシーンの中で成長し、モントリオールのコンコルディア大学の音楽プログラムで永続的な絆を築いてきたコーンフィールドは、Highs in the Minuses のために、自分の旅を代表するようなキャストが必要だと考えていた。

PolyvinylとDouble Double Whammyからリリースされる Highs in the Minuses の曲は非常に個人的なものだが、コーンフィールドはその音質に、ライブパフォーマンスの共同作業的なエネルギーを反映させたいと考えていた。彼女とバンドは、ジェイソン・モリーナ、ニール・ヤング、ビッグ・シーフの精神と作業方法を受け継いで、失恋、自分探し、新しい愛の物語に伴う感情的な相互関連性を表現するために、それらに精神的な繋がりを持たせた。「みんなが準備をしてくることはわかっていましたが、何が自然に起こるのか、そしてすぐに起こるアイデアにとても興奮しました」とコーンフィールドは言う。「誰と一緒にいるかを信頼して、曲の中の感情の即時性を捉えようとすることが大切でした」。曲の多くは、彼女の厄介な部分をさらけ出しており、心を込めて演奏される生々しいサウンドトラックは、まさにそれに相応しいものだった。

Cornfield(ギター、ピアノ、ボーカル)、ベーシストのAlexandra Levy(Ada Lea)、ドラマーのLiam O’Neill(Suuns)は、モントリオールのHoward Bilerman(Arcade Fire、Leonard Cohen)のスタジオに集まった。コーンフィールドとビラーマンは、彼がカナディアンロッキーの牧歌的な発祥地にあるバンフ・センター・フォー・アーツ・アンド・クリエイティビティで設立したミュージシャン・レジデンシーを通じて知り合い、彼が自分のビジョンに完璧にフィットすることを確信していた。「感情を重視するという点で、彼が同じ考えを持っていたことにとても感謝しています」と彼女は言う。「彼は、スタジオで人が気にするような小さなディテールを気にしませんでした」。ギタリストのSam Gleason (Tim Baker)とスターズ・シンガーのAmy Millanが参加し、わずか5日間で、最小限のテイクとオーバーダブで、コーンフィールドの鮮やかなミニ・メモワールを土のようなフォーク・ロック・シンフォニーに乗せた。このシンフォニーは、それぞれの曲のフィーリングに応じて変化していく。歓喜と希望に満ちた力強い曲から、孤独と痛みに満ちた弱々しい曲まで。

http://www.dbldblwhmmy.com/products/707326-charlotte-cornfield-highs-in-the-minuses

“Partner in Crime”

“Headlines”

Charlotte Cornfield – Highs in the Minuses

Label: Double Double Whammy / Polyvinyl

Release Date: 2021/10/29

Tracklist:

  1. Skateboarding by the Lake
  2. Headlines
  3. Pac-Man
  4. 21
  5. Black Tattoo
  6. Blame Myself
  7. Out of the Country
  8. Drunk for You
  9. Partner in Crime
  10. Modern Medicine
  11. Destroy Me