カリフォルニアを拠点とするシンガーソングライター、Claire Cronin がニュー・アルバム”Bloodless”を11/12にリリース。

カリフォルニアを拠点とするシンガーソングライター、Claire Cronin がニュー・アルバム Bloodless を11/12にリリースする。2019年の前作 Big Dread Moon から約2年ぶりの2ndアルバムで、前作に引き続きOrindalからのリリースとなる。

Bloodless は、ロサンゼルスを拠点とするミュージシャンであり作家であるクレア・クローニンのニューアルバムだ。絶賛された2019年のアルバム Big Dread Moon と2020年の Horror Memoir Blue Light of the Screen (Repeater Books刊)の超自然的、形而上学的なテーマを発展させた Bloodless は、現代のインディー・ミュージックで最も優れたシンガー・ソングライターの一人による、呪われたアメリカーナの力強い作品である。

前作の Big Dread Moon と同様に、Bloodless の9曲のアレンジは無駄がなく、クローニンの安定したエレクトリック・ギターと妖しい声を中心に、ストリングスやシンセサイザーが不気味な雰囲気を醸し出している。Bloodless のサウンドは、Big Dread Moon に比べてより直感的であり、よりサブリミナルなものとなっている。これは、クローニンとエズラ・ブクラ(クローニンの夫であり、バイオリン奏者)による数ヶ月間の集中的なホーム・レコーディングと、ディアフーフのジョン・ディテリッヒ(2016年のアルバム Came Down a Storm でクローニンとコラボレーションしたことがある)による熟練したミキシングによるところが大きいと言える。

クレアとエズラは、パンデミックが発生したとき、バークレーに住み始めて1年も経っていなかった。ほぼ完全に孤立した生活を送っている間に、カリフォルニア州史上最悪の山火事シーズンが始まった。クローニンはこう説明する。

「空気があまりにも有毒で、家から出られない日もありました。外の空は朝から夕暮れまでオレンジ色で暗いのに、室内ではエアフィルターを作動させたまま過ごす日が続きました。レコーディング中は、音楽の繰り返しと、演奏している小さな部屋の熱気で時間の感覚を失ってしまうような、幻覚に近い状態でした。レコードジャケットの写真はこのときのものです」

「私は、ウイルスや火事、アメリカの政治の動きなどに囚われ、絶望し、恐怖を感じていました。ある意味では、ニュースで流れる死者の数を見て、死は遠いもののように感じました。 ニュースでは死亡者の数が報道されますが、死は常に脅威でした。7月末に妊娠が判明したときには、生と死に対する意識がさらに高まりました。とはいえ、このアルバムでは私のパートはほとんど終わっていたので、妊娠についてのアルバムではありません」。

このような状況の激しさが Bloodless 全体に響き渡っている。クローニンのヴォーカルは、ある時は厳しく、ある時はなだらかに、感情を揺さぶる。それは、あなたが経験したことを知っているかのような声だ。Bloodless の歌詞は、精神的な探求と混乱について書かれている。

「COVIDが流行する前の数ヶ月間、私はたくさんの易占いをしていましたが、意味をなさない不吉な結果が出続けていました。易を使いすぎると神に罰せられるのか、それとも不吉なものになってしまったのかと思いました。今にして思えば、正確な予言をしていたのかもしれません。’Now I Don’t Leave’という曲は、状況が悪くて勝てないこともあるということを受け入れることを歌っています。最善の行動は、服従することです」

https://orindal.limitedrun.com/products/708346

“Bloodless”

Claire Cronin – Bloodless

Label: Orindal

Release Date: 2021/11/12

Tracklist:

  1. Bloodless (5:33)
  2. Through the Walls (5:22)
  3. Feel This (5:43)
  4. Snakes for Angels (3:13)
  5. No Forcefield (4:47)
  6. I Could Not Let Blood (4:00)
  7. To Ferry Across (3:35)
  8. Not a Noise (3:38)
  9. Now I Don’t Leave (4:10)