シカゴを拠点とするHaley Fohrによるプロジェクト、Circuit des Yeuxがニュー・アルバム”-io”を10/22にリリース。

シカゴを拠点とするボーカリスト/作曲家、Haley Fohrによるプロジェクト、Circuit des Yeuxがニュー・アルバム -io を10/22にリリースする。2017年の Reaching for Indigo 以来、約4年ぶりの6thアルバムとなり、Matador からのリリースとなる。

10月22日、マタドールは、Circuit des Yeuxとして知られるヴォーカリスト兼作曲家のHaley Fohrの6枚目のアルバム -io をリリースする。

シカゴの音楽コミュニティで有名な彼女は、De Stijl、Thrill Jockey、Drag Cityから高い評価を受けたアルバムをリリースし、世界中でツアーを行っている。しかし、-io はCircuit des Yeuxのこれまでの作品の中で最も華麗で精巧な作品であり、24人の弦楽器、金管楽器、管楽器のアンサンブルの中にFohrの異世界のような4オクターブの声を入れた構成になっている。このアルバムは、昨年秋にシカゴのElectrical AudioスタジオでCooper Crainがテープに録音し、Marta Salogni(Bjork、Holly Herndon)がミックスを担当し、Fohrがアレンジャーとプロデューサーを務めた。個人的な喪失感をきっかけに書かれ、パンデミックの最中に録音された -io は、「すべては常に終りがある」という悲しみの地理を描いている。Fohrの音楽は決して野心に満ちたものではないが。この曲はその輝きと奇妙さで印象的だ。この -io でCircuit des Yeuxは、鮮やかで、巨大で、完全な光を放つ作品を世に送り出す。

Fohrは、ファーストシングル”Dogma”について次のように語っている。「信仰があるところには暴力がある。文明の物語は複雑で、ドグマが重なり合っています。一人一人のインセンティブには、道標と本能の両方がある。愚か者は外面を追い、馬鹿は内面を追う。社会は、必要な自己の転覆である。時が経つにつれ、私たちの静かな警報は非常に強くなり、崩壊や爆発による解放が差し迫ったものになるのです」。

https://matablog.matadorrecords.com/2021/08/17/coming-october-22-circuit-des-yeux-io/

“Sculpting the Exodus”

“Dogma”

Circuit des Yeux – -io

Label: Matador

Release Date: 10/22

Tracklist:

01. Tonglen / In Vain
02. Vanishing
03. Dogma
04. The Chase
05. Sculpting the Exodus
06. Walking Toward Winter
07. Argument
08. Neutron Star
09. Stranger
10. Oracle Song