アトランタのインディー・ロック・カルテット、Lunar Vacation がデビュー・アルバム”Inside Every Fig is a Dead Wasp”を10/29にリリース。

アトランタのインディー・ロック・カルテット、Lunar Vacation がデビュー・アルバム Inside Every Fig is a Dead Wasp を10/29にリリースする。Grouplove の Daniel Gleason がプロデュースを担当、Keeled Scales からのリリースとなる。

Grouplove の Daniel Gleason がプロデュースした Lunar Vacation のデビュー・フルレングス Inside Every Fig Is a Dead Wasp は、メロディアスなギター、推進力のあるリズム、そして現代的な大人の緊張感を持った、はかなくも魅力的なヴォーカルで構成されている。このアルバムは、祝祭的なサウンド、流動的な若者特有の無謀なエクスタシーの感覚、そして岩のように強固な友情を誇っている。初期は Rilo Kiley や Tame Impala といったバンドから影響を受けつつ、Alvvays や Slow Pulpのような現代の人気バンドにも少しずつ近づきつつある Lunar Vacationは、至福に満ちた明るい音楽を作っている。

https://keeledscales.com/product/inside_every_fig_is_a_dead_wasp

Gears”

“Mold”

“Shrug”

Lunar Vacation – Inside Every Fig is a Dead Wasp

Label: Keeled Scales

Release Date: 2021/10/29

Tracklist:

01 “Purple Dreams No. 4”
02 “Peddler”
03 “Shrug”
04 “Where Is Everyone?”
05 “Making Lunch (Not Right Now)”
06 “Cutting Corners”
07 “The Waiting Game”
08 “Mold”
09 “Gears”
10 “Anemone”
11 “But Maybe”