Stones Throw発のサイケデリック・ポップ・プロジェクト、Mild High Club がニュー・アルバム”Going Going Gone”を9/17にリリース。

LA拠点のマルチ・ミュージシャンAlexander Brettinによるプロジェクト、Mild High Club がニュー・アルバム Going Going Gone を9/17にリリースする。2016年の前作 Skiptracing に続く約5年ぶりの3rdアルバムとなり、Stones Throw からリリースされる。

Mild High Club と呼ばれる形而上学的なリスニングラウンジの「バーテンダー兼専属セレクター」である Alex Brettin は、ここ数年の間に重なり合った数々の危機を予見することはできなかったが、彼のニューアルバム Going Going Gone は、今の時代に格別フィットしていると感じられる。ファーストシングルの’Me Myself and Dollar Hell’では、パラノイア、個人主義、クレプトクラシー、銃による暴力、信仰、気候変動などのテーマを探求している、

急成長するソーシャルメディア時代を考察した Mild High Club のデビュー作 Timeline (2015年)、アーティストとしてのアイデンティティを問い、大ヒットシングル’Homage’を収録したセカンドアルバム Skiptracing (2016年)に続き、Alexander Brettin は2017年にKing Gizzard and the Lizard Wizardのコラボレーション作品 Sketches from Brunswick East を発表した。3年で3枚のレコードをリリースした後、彼は Going Going Gone を生み出すことになる5年間のプロセスで技術を磨くことを求めた。

https://www.stonesthrow.com/news/mild-high-club-going-going-gone/

“A New High (feat. Winter)

“Dionysian State”

“Me Myself and Dollar Hell”

Mild High Club – Going Going Gone

Listen: Apple Music Spotify

Label: Stones Throw

Release Date: 2021/9/17

Tracklist:

1. Kluges I
2. Dionysian State
3. Trash Heap
4. Taste Tomorrow
5. A New High ft. Winter
6. It’s Over Again
7. Kluges II
8. I Don’t Mind The Wait
9. Dawn Patrol
10. Waving
11. Me Myself and Dollar Hell
12. Holding On To Me