メルボルンのパンクバンド、Amyl and The Sniffers がニュー・アルバム”Comfort To Me”を9/10にリリース。

メルボルンのパンクバンド、Amyl and The Sniffers がニュー・アルバム Comfort To Me を9/10にリリースする。2019年のセルフタイトルのデビュー・アルバムから約2年ぶりのセカンド・アルバムとなり、前作に引き続き Rough Tradeからのリリース。Dan Luscombe によるプロデュースで、ミックスはNick Launay(Nick Cave, IDLES, Yeah Yeah Yeahs)、マスタリングはBernie Grundman(Michael Jackson, Prince, Dr Dre)が担当した。

ボールを引き裂くようなライブショーで有名な The Sniffersは、2018年にThe Great Escapeで最も注目されているアーティストの一人として国際デビューを果たした。その後すぐに、Rough Trade RecordsとATO Recordsの両方と契約を結び、SXSWに大々的に出演。2019年にはセルフタイトルのデビューアルバムをリリースし、ARIA(オーストラリア・レコード産業協会)のベスト・ロック・アルバム賞を獲得して、狂人的で魅力的なパンクスのワイルドな1年を締めくった。

2020年後半、Amyl and The SniffersはプロデューサーのDan Luscombeと共にスタジオに入り、2ndアルバム Comfort To Me をレコーディングした。このアルバムは、1年間の長い拘束期間を経て制作されたもので、オールドスクールなロックンロール(AC/DC、Rose Tattoo、Motörhead、Wendy O Williams)、モダンなハードコア(Warthog、Power Trip)、揺るぎない母国のヒーロー(Coloured Balls、Cosmic Psychos)など、より多くの参照から影響を受け、それを発展させたものとなっている。このアルバムにおいてテイラーは、ラップアイドルや無数のガレージバンドから影響を受けている。「私の中にはエネルギーが溢れているのに、パフォーマンスができないためにそれをどこにもぶつけられず、それが私の脳に目まぐるしい影響を与えていました。私の脳は進化し、ゆがみ、世界に対する考え方が完全に変わりました」とテイラーは話す。

Comfort to Me のセッションでは17曲が録音され、上位13曲が採用された。これらの曲は、Nick Launay(Nick Cave, IDLES, Yeah Yeah Yeahs)によってミックスされ、Bernie Grundman(Michael Jackson, Prince, Dr Dre)によってマスタリングされた。

Comfort To Me は、デビュー作と同様に、抑えきれないほどのスマートさ、誠実さ、大胆不敵な率直さを示しているが、あなたがこの若いバンドの5年後を期待していた通りに彼らのサウンドは進化している。エイミーの言葉を借りれば、それは「露骨な自己表現、反抗的なエネルギー、あけすけな脆弱性」ということだ。

https://www.roughtrade.com/gb/amyl-and-the-sniffers/comfort-to-me

“Heartz”

“Security”

“Guided by Angels”

Amyl and The Sniffers – Comfort To Me

Listen: Apple Music Spotify

Label: Rough Trade

Release Date: 2021/9/10

Tracklist:

01 Guided by Angels
02 Freaks to the Front
03 Choices
04 Security
05 Hertz
06 No More Tears
07 Maggot
08 Capital
09 Don’t Fence Me In
10 Knifey
11 Don’t Need a Cunt (Like You to Love Me)
12 Laughing
13 Snakes