Nite Jewel がニュー・アルバム”No Sun”を8/27にリリース。

LAを拠点とする Ramona Gonzales によるエレクトロ・ポップ・プロジェクト、Nite Jewel がニュー・アルバム No Sun を8/27にリリースする。2017年の前作 Real High から約4年ぶりの5thアルバムとなり、Gloriette からリリースされる。

個人的な喪失感、嘆きの伝統、そしてムーグ・シーケンサーから生まれた Nite Jewel の No Sun は、無防備な電子音楽の偉業である。このアルバムは、ゴンザレスのエレクトロニック作品の学術的な研究に基づいていますが、痛みを音で追い出すものでもある。

2018年、ゴンザレスは12年間の結婚生活を解消した。これにより、彼女は一人になり、友人のソファから友人のソファへと漂うようになった。それと同時に、彼女はUCLAで音楽学の博士号を取得し始めた。ゴンザレスは、女性の音楽的な嘆きの習慣に関する研究を行い、それが No Sun の歴史的なバックボーンとなった。哀悼歌は、古代ギリシャに遡り、女性の声を使って共同体や個人の悲しみを表現する手段として用いられてきた。ゴンザレスは研究の中で、この伝統を現代のポップスの歌姫の文脈の中で考え、「プロの追悼者であるとはどういうことなのか」「男性の作曲家の感情の器として雇われた女性であることとは歴史的にどういうことなのか」という疑問を投げかけている。ゴンザレスの研究では、このような歌手の創造的な力を考察し、しばしば彼女たちは本能的なパフォーマーとしてのみ見られがちだが、彼女たちは自身の権利の代理人でもあることを主張している。

No Sun は、女性の痛みの典型に疑問を投げかけ、それを再構築するものだ。このアルバムは、女性の声で嘆くという伝統を踏襲しているが、プロデューサーとしてのゴンザレスの役割は、女性の声が単なる苦しみの貯蔵庫であるという固定観念を複雑にすることにある。

このアルバムの制作は、突然の喪失と放棄を投げ出すような、儀式的な行為だった。広々と安定したシンセサイザーのプロダクションの中で、ゴンザレスは深い孤独感を呼び起こす。しかし、No Sun は、死や喪に服す時代のエレクトロニック・ダンス・ミュージックと解釈できる一方で、生への熱烈な賛美でもある。

まばらなシンセサイザーから目まぐるしく変わる実験的なサウンドスケープまで、彼女の楽器は、嘆きをハイパーモダンなものに変えている。No Sun は、ゴンザレスの革新的なソングライティングを中心とした、ジャンルを超えた(そして定義付けられた)キャリアの上に重ねられている。No Sun でゴンザレスは、声を単なる道具として見過ごされてきた哀悼者の伝統に敬意を表し、彼女の音の世界の最前面に声の幽玄な力を浮かび上がらせている。

https://nitejewel.bandcamp.com

“Before I Go”

“This Time”

Nite Jewel – No Sun

Label: Gloriette

Release Date: 2021/8/27

Tracklist:

01 “Anymore”
02 “Before I Go”
03 “Show Me What You’re Made Of”
04 “To Feel It”
05 “#14”
06 “No Escape”
07 “This Time”
08 “When There Is No Sun (Sun Ra Cover)”