シカゴの5人組バンド、Luggage が新作EP”Happiness”を7/16にリリース。

シカゴの5人組バンド、Luggage が新作EP Happiness を7/16にリリースする。2019年の前作 Shift に続く作品となり、Ryley Walker のレーベル Husky Pants からのリリースとなる。

シカゴには昔から「Less-is-More」の原則に基づいて活動するミュージシャンが多くいた。シカゴの古いブルースマンは、1つの音でコード全体を暗示することができた。U.S. MapleやShellacのような還元主義の挑発者は、ロックンロールの肥大化と戦ってきた。Yankee Hotel Foxtrot のようなシカゴを代表するアルバムの分解された構成を見ると、不必要な装飾品だけでなく、負荷をかけるべき構造部品の一部さえも取り除こうとする決定的な試みを見ることができる。その点、シカゴのトリオ、Luggage は、彼らの街を代表するような存在だ。ギター、ベース、ドラムという彼らの伝統的な構成要素を駆使しながら、余分なものを一切排除し、ニッケルで巻かれた弦の振動を拾う磁石、ポリマーの皮を叩く木製のスティック、饒舌な歌声など、ロックンロールの最もシンプルな表現にたどり着いた。そして、4枚目のアルバムHappiness において、Luggageはこれまでで最も厳格な作品を発表した。

Luggageの音の簡潔さは、ある程度メンバーの音楽的背景の違いに起因している。ドラムのLuca CimarustiとベースのMichael John Grantのリズムセクションは、アンダーグラウンドのノイズパンクバンドで活躍し、ギター/ボーカルのMichael Valleraはエクスペリメンタル・アンビエント・ミュージックの世界で身を立てていた。両者は全く異なるスタイルで、正反対の目的を持っているように見えるかもしれないが、どちらのアプローチもミニマリズムを取り入れている。最初の3枚のアルバム Sun(2016年)、Three(2017年)、Shift(2019年)において、Luggageはポストパンクのトーンパレットと周波数の割り当てを取り上げ、それを顕微鏡で観察した。Happiness では、LuggageはASMRレベルの超明晰な固定観念をさらに推し進め、すべての音やパーカッシブな打ち込みを決定的なステートメントのように感じさせると同時に、スタイルの幅を広げている。彼らの音楽は常にある種の真空の中に存在しているような感覚を持っているが、ニューアルバムがさらに密閉された体験のように感じられる十分な理由がある。「パンデミックの中で Happiness を制作しましたが、自分たち以外の人との交流は、ほとんどそれだけでした」とValleraは言う。「このアルバムは、私たちの人生のある瞬間を切り取った、とても生々しい写真です」。

孤立感は、他の方法でもこのアルバムを形成した。避難所での活動や自らに課した隔離により、執筆活動の頻度は低くなり、創作活動はしばしば中断された。「隔離された環境では、作曲セッションの頻度が低くなり、創作活動が中断されることもありました。時間を空けることで、自分たちが思いついた最高のものではないものを徹底的に排除することができました。しかし、スタジオに入ってからは、これまで以上に幅広いサウンドパレットを使って作品に肉付けすることができたので、基礎部分を削ったにもかかわらず、最も層の厚い作品に仕上がっています」。

https://luggagechicago.bandcamp.com/album/happiness

“Lie Design”

“Fear”

Luggage – Happiness EP

Apple Music Spotify

Label: Husky Pants

Release Date: 2021/7/16

Tracklist:

01 “Happiness”
02 “Lie Design”
03 “Rot”
04 “Fear”
05 “Idiot Bliss”
06 “Wealth”