Gavin Fitzjohn によるソロプロジェクト 299 がデビュー・アルバム”The 299 Game”を5/21にリリース。

Manic Street Preachers、Super Furry Animals、Stereophonics、Paolo Nutiniなどの作品への参加経歴を持つウェールズ出身のマルチインストゥルメンタリスト/プロデューサーの Gavin Fitzjohn によるソロ・プロジェクト 299 がデビュー・アルバム The 299 Game を5/21にリリースする。

The 299 Game は、299のデビューLPで、リンチのような奇妙な感覚が、鮮明なメロディーと作曲のセンスによって相殺された10曲の楽曲を収録している。299は、ウェールズ出身のマルチ・インストゥルメンタリスト兼プロデューサーのGavin Fitzjohn(Manic Street Preachers、Gruff Rhys、Stereophonics、Paolo Nutiniなどと仕事をしている)のソロ・レコーディング・プロジェクトで、数年前にFitzjohnがアメリカを旅しているときに誕生した。60年代のボーカル・グループやTom Waits のようなメランコリアが、Fitzjohnが意図的に行ったアメリカ的なものうげな発声で表現されており、中毒的で危険な魅力がある。

https://www.pnkslm.com/store/299-the-299-game

“True Blue You”

“A Short Goodbye”

“Picking Thorough the Scraps”

299The 299 Game

Label: PNKSLM

Release Date: 2021/5/21

Tracklist :
1.True Blue You
2.Sugar and Spice
3.Truth or Consequence
4.A Short Goodbye
5.Picking Through The Scraps
6.Blue Island
7.Get Wet
8.You Know Those Things You Wished For?
9.It’s Not The Time
10.Watertown