Deb Neverがニュー・シングル”Someone Else”をリリース。Michael PercyとJam Cityがプロデュースを担当。

BROCKHAMPTONのコラボレーターとして知られるオルタナティブ・ポップ・アーティスト、Deb NeverMichael PercyJam Cityをプロデュースに迎えたニュー・シングル“Someone Else”をリリースした。

“Someone Else”はDeb Neverの2021年の最初のリリース。Jam City と共に本作のプロデュースを担当したMichael Percyとの共同生活のため、彼女がロンドンに引っ越して以来、初となる作品。眠たげなヴォーカルに緩いギターのストラムとプログラムされたビートがマッチしており、ハードでヘヴィーでありながらドリーミーな質感を失うことのない楽曲となっている。

Deb Neverは2/5リリースの予定のslowthaiのニュー・アルバム TYRON の収録曲”push”にもフィーチャーされている。

Deb Never – “Someone Else”

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中