David BowieによるJohn LennonとBob Dylanのカバー音源が1月8日にリリース決定。

David BowieによるJohn Lennon“Mother”Bob Dylan“Tryin’ to Get to Heaven”のカヴァー音源が2021年1月8日にデジタルストリーミングと7インチヴァイナルでリリースされることが発表された。

レノンのカヴァーはトニー・ヴィスコンティのトリビュートのために録音されたものの実現に至らなかったもので、ディランのカヴァーは1999年のライブ・アルバム”LiveAndWell.com”のミキシング・セッション中に録音されていたもの。2曲の音源は1998年に録音されていたが、公式にはリリースされていなかったが、来月のボウイの74歳の誕生日に合わせて、その2つのカヴァーが公式にヴァイナルとストリーミングでリリースされることとなった。

https://pitchfork.com/news/david-bowies-john-lennon-and-bob-dylan-covers-getting-official-release/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中